スター☆トゥインクルプリキュア【9話感想】「友情のリング!スタードーナツ☆」

スター☆トゥインクルプリキュア【8話感想】「宇宙へ GO☆ケンネル星はワンダフル!」

ストーリー感想

茶道ピアノ弓道家庭教師の習い事で日々忙しくするまどか。
そんなまどかが、商店街でひかるたちとウィンドウショッピングしたり、ドーナツを食べたりする、そんな9話。

前々回、ノットレイダーにロケットの場所がバレてしまったということで、ロケットの着陸場所を変えることに。
あんまり遠くの場所だと行ききしづらいから、元の場所の近くに着陸してそう。

プルンスは宇宙食栄養士の資格を持ってるそうです。
宇宙の料理を作るのに、地球の素材を使ってるのかな?

学校もプリキュアも、すべてを完璧にこなさなくては…、と中々追い詰められてる様子のまどかさん。
お父さんの厳しい部分しかみえてこないですが、幼い頃は優しかった、とかそんな話がこれからあるんだろうか。今のところ毒親にしかみえないですけど。

えれなが英語がペラペラだったのはお父さんの影響ですかね。スペイン語とかも話せそう。まどかの父との対比としてえれなパパが登場したら面白い展開になりそう。

ひかるの半ば強引な誘いで、商店街に連れていかれたまどか。
いざいろんな場所に連れていかれると、今まで体験したことのなかったことの連続で笑顔が絶えません。

実はひかるがみんなのことを一番よく見ているんじゃないかというえれなの言葉に、まどかも納得するのでした。

なんやかんやあって、自称お嬢様の桜子がノットレイダーになって、なんやかんやあって討伐。
みんなのことを苗字で呼んでいたまどかが、名前呼びに変えることとなりましたとさ。


久しぶりに通常EDに戻った。びゅーんびゅーんびゅびゅんびゅーん。

今日の作画監督は上野ケンさん

プリキュアシリーズでは常連なのに、あんま意識したことなかった。
好みの違いはあるかもだけど、線に強弱ついてたのがよかった。

結構前の東映アニメでも輪郭線に強弱ついてるアニメあったけど、あれ上野さんだったのか。今さら知った。

スポンサーリンク

今日の名言

「まどかが困った時は私たちを頼ってよ、友達でしょ」

えれな

えれなの笑顔がまぶしい。

「気持ちに余裕がなくて、毎日が綱渡りみたい…

まどか

毎日が綱渡りという表現が、結構キツイ。

「天体観測で鍛えられた目力かな」

えれな

精神的な意味じゃなくて、どちらかというと物理的な意味での目力。

「みなさんが困った時はわたくしが守ります!」

まどか

困った時はお互い様。

次回予告

クマリン星という惑星に行くようです。
予告からはストーリーが全く想像ができない。

今日のイラスト

キリッ!っとしすぎ。

COMMENT