スター☆トゥインクルプリキュア【21話感想】「虹色のスペクトル☆キュアコスモの力!」

スター☆トゥインクルプリキュア【20話感想】「銀河に光る☆キュアコスモ誕生!」
スポンサーリンク

ストーリー感想

ダークネストに乗っ取られるアイワーン

幹部たちの不甲斐ない活躍に痺れを切らしてか、ダークネストがアイワーンの意識を乗っ取りプリキュアに攻撃を仕掛けてきます。
ダークネストの力は想像力を塗りつぶすだけではなく、人格まで乗っ取ってしまうという恐ろしい力でした。

人格まで乗っ取るというのは後々の伏線になってきそう。洗脳とか、マインドコントロールとかそんな話になってくるのかな?

思考を止めよ

アイワーンに対して「無駄な考えは捨てよ、止めよ思考を」と語りかけるダークネスト。

瞑想とか、マインドフルネスとかって思考を止めることで心をリフレッシュしますよね。
ということはアイワーンは瞑想状態になってるということ?あーでも苦しそうだったなアイワーン。思考系は無くなるけど、感情系は残っちゃうのかも。

カッパードに煽られ、攻勢をかけるスターでしたが冷静を失ってはいませんでした。
アイワーンの方をしっかりと見つめるスターがかっこよかった。

本当の名前は

キュアコスモの活躍によりアイワーンを撃退したプリキュア勢。
ブルーキャットが乗ってきた宇宙船を奪われて逃げられてしまいました。

ブルーキャットとアイワーンの因縁は今後も続くようです。今回退場するかと思ったアイワーンでしたが、改心するフラグがたった気がするので、楽しみ。

オリーフィオは父であり、母であり、わたし自身。
そんなことをブルーキャットが言ってましたけど、だいぶSFちっくな設定ですね。
家族ってこと?とひかるがわかりやすく要約してくれてましたけど。

ブルーキャットの本当の名前がユニだということが判明しました。
ユニがラテン語で【単一】を意味するみたい。色々と深い意味がありそうです。

マオでもあり、ブルーキャットでもあり、バケニャーンでもあり、オリーフィオでもあり、ユニでもある。ユニにとっては、どれも本当の自分なのかも。

新ED

背景が懐かしい感じ。ワイヤーフレーム風?

今日の名言

ユニ
ユニ

「アイワーンは許せない、でもアイワーンを乗っ取って考えを、自由を奪うあなたはもっと許せない!

許せない、という発言があったのがよかった。

次回予告

七夕回。

ついに海外を飛び回っていたひかるの父が家に帰ってくるようです。
なんか早速ノットリガーに乗っ取られてたような気がするけど。

今日のイラスト

COMMENT