新幹線変形ロボ シンカリオン【76話(終)感想】「終着!!シンカリオンと新たなる出発」

新幹線変形ロボ シンカリオン【75話感想】「最終決戦!!チームシンカリオンVSブラックシンカリオンオーガ」
スポンサーリンク

最終回!

ストーリー感想

全員で攻撃

オーガの攻撃になすすべなく一度は撤退したシンカリオン全機。
名古屋支部から東京の国会議事堂上空へと向かうキリンに追いつくためには飛行手段がありません。

そんな中、ハヤトが提案したのは大鳴門橋を巨大怪物体にした時のように空に線路をかければいいんじゃないかと。

空に線路をかけるという発想よく思いつきましたね。さすがハヤト。

みんなの力でルクスヴェテを増幅

ルクスヴェテを前回の攻撃で使い切ってしまったことで、線路を敷くことはできないと言うスザク。
しかし、出水が以前採取した少量のルクスヴェテとアズサのスマホに寄生したルクスヴェテが残っていました。

アズサのスマホずっと保管されたままだったのか(笑)
もう一台スマホ持ってるんだろうけど、スマホなくてアズサ不便だっただろうなぁ。

ルクスヴェテには仲間と協力することで増幅する性質があるということで、屋上でみんなで手を繋ぐことに。
手を繋ぐごとにルクスヴェテがポンッ!ポンッ!と増幅。

アズサの協力もあり、YouTubeの配信を見た視聴者たちも手を繋いでどんどんルクスヴェテが増幅していきます。
もはや元気玉状態。

アズサ
アズサ

今こそ一世一代の再生数の稼ぎどころじゃい!

こんな時でも再生数のことを考えているなんてYouTuberの鏡ですね。

さりげなく復活したゲンブとビャッコも加わり、ハヤトたちのところに線路をかけることに成功します。

虹色の線路

線路を使い、ブラックシンカリオンオーガへと接近するハヤトたち。
空にかかる線路が虹色で綺麗だった。

上空へと逃げるオーガに仲間たちが手を繋いで引っ張っていくシーンかっこよかったですね。

なんやかんやあってオーガを倒すことが出来、めでたしめでたし。

まことよいもの

CM明けてすぐにゲンブの「チェンジシンカリオン!」が聞こえてきて笑ったしまった(笑)
ついに憧れのシンカリオンに乗れることができて恍惚の表情を浮べるゲンブがかわいかった。

ビャッコは地球でない別の星を宇宙へと探しに行くとのこと。
スザクが地球に残ると聞いて「そうか、寂しくなるな」って言った時にスザクがほおを染めてた。
やっぱビャッコに惚れてたんかいスザクさん!

ソウギョクは焼き鳥屋さんで焼き鳥を頬張ってました。あんな格好であんな場所にいたら相当目立つでしょ(笑)

キリンは超進化研究所で保護。首元まで石化が進んでいたけど映画の伏線かな?

弟子入り

リュウジとタツミのお母さんが退院してた。よかったよかった。

ヒーローの動画を撮りたいというフタバはアズサに弟子入りを希望します。
具体的にどんな動画撮りたいんだろ?最初はグッズ紹介とかかな。

さりげなくアズサのYouTubeの登録者数が100万人に到達してました。もう金の盾もらったのかな?

適合率の謎

キリンがなぜ適合率にこだわっていたのか疑問に思うセイリュウ。

そういえばラスト付近で適合率の話が出てきましたが、ほとんど掘り下げがなく終わってしまいましたね。映画でここらへん詳しくやるんだろうか?

ハヤトが見つめる先?には新型車両の姿が。

そして、映画の告知。

今日の名言

フタバ
フタバ

協力は人類の手に入れた進化の手段ってことなんだ…」

シンカリオン全体通してのテーマがここに現れてる。

シンカリオン総括

76話続いた『新幹線変形ロボシンカリオン』
良かったところをサラッと書いてく。

コラボに全力

『新世紀エヴァンゲリオン』とのコラボや『初音ミク』とのコラボがありましたが、どちらも全力でコラボしてたのが印象に残りましたね。

エヴァコラボでは『ヒカリ三姉妹』が映像媒体で初登場し、シンジ、アスカ、レイなどの主要キャラの声もしっかりと収録。
初音ミクコラボではミクの声を一度録音した後に、機械音声に変換するというめんどくさそうな行程をわざわざやったりと、コラボ先に対しての敬意、愛が感じられてとても好感がもてました。

女性運転士

昨今騒がれてる、ポリコレを意識したような描写もいい意味で感じられなかったのも良かった。

シンカリオンの運転士がほぼ全員男子なので、女の子の運転士も入れた方がいいんじゃない?という声も、もしかしたら作り手側から出てきたかもしれないですけど、結果的にはミク以外男子ばかりの運転士となりました。

「女の子の運転士が出てこないから、女の子はシンカリオンを見れない」とか、「男の子のプリキュアが出てこないから、男の子はプリキュアを見れない」とかそんなことないですからね。

おもちゃメーカーにとっても男児向けのアニメで女の子が使うアイテムが売れづらいという現実もありますし。

まぁ色々言ってますけど女の子の運転士も個人的にはもっと見たかったですけどね(笑)

わからない…けどおれはこう思う

重要な決断を迫られる時、「わからない…けどおれはこう思う」ってハヤトがよく言ってました。
1話でシンカリオンに乗るときも、キリンから仲間にならないかと勧誘されたときも。

熱血主人公タイプだと、敵対する相手の主張と主人公側の主張が真逆であることが多いので「お前の考えは間違ってる!」って言っちゃいがちなんですよね。

ハヤトの場合、相手の主張をちゃんと聞いて、それについて悩んで、そして最終的に自分の思いを相手に主張してたんですよね。そこが良かった。

楽しかった

まだまだ良いところはたくさんあったけど結局、見てて純粋に楽しかったというのが正直な感想。
キャラもストーリーも戦闘シーンも全部良かった。

ほぼ一人で脚本やってた下山健人さんの手腕にあっぱれ!監督の板井寛樹にも総監督の池添隆博にもあっぱれ!とりあえず全員にあっぱれ!

これからシンカリオンのようなホビーアニメが増えてくれたらいいなぁ…。最近男児向けホビーアニメ元気ない気がするからなぁ。
下山さんにまたホビーアニメの脚本やってほしい。


とりあえず一年以上も楽しいアニメを提供してくれたスタッフに感謝。ありがとうございました。楽しかったです。映画も楽しみ。

スポンサーリンク

今日のイラスト

今までに描いた漫画

黒歴史を大放出!

メッシュ


手巻き寿司


着せ替え


スイッチバック


松本引越センター


仲直りの方法


この画力でtwitterに投稿していた過去の自分の勇気がすごい。

今までに作ったgif画像集

チェンジ!シンカリオン

マフラーぱたぱた

ジワリと動くハヤト

うんうんセイリュウ

全自動アズサ

こうやって自分の描いたイラストを振り返ってみると、ほんとにシンカリオン好きだったんだなぁ…と実感できましたとさ。

おわり。

COMMENT