新幹線変形ロボ シンカリオン【72話感想】「共存!!ヒトとキトラルザス」

新幹線変形ロボ シンカリオン【71話感想】「最強!!ブラックシンカリオンオーガ」
スポンサーリンク

ストーリー感想

地上で情報収集

キトラルザスが生きるために必要なルクスヴェテ(ナノマシン)。
そのルクスヴェテの地底での産出量が減ってしまった?ということで地上に出る考えを提示したキリンは10年以上前に地上に出て情報収集をしていたらしいんですけど、それ以来連絡が途絶えてしまっていたんだそう。

地上で生き絶えていたわけではなくて、人間社会に適応しようと色々と画策していた様です。
そういえばセイリュウとかスザクとかもそうですけど、キトラルザスって変装能力すごいですよね。セイリュウなんて身体青白かったのに、人間社会に溶け込める様な健康的な肌になってるし。これもルクスヴェテのおかげなのかな?

倉敷親子

ここ最近超進化研究所に出入りしていた倉敷親子。2人ともフタバのことを気にかけて訪ねてきていたのかと思ってましたけど、裏ではスパイ行為ともとれるような行動をしていたのでした。

ちょいちょいフタバが今の仕事に悩んでる風なフラグが以前から立ってたような気がしたけど、もしかしたら裏切り展開とか考えてたのかもしれないなぁと今にして思う。
いや、ないか。

爽快ビュンビュン

倉敷親子から、適合率の高い低いをどうやって見極めているのかと問われたアズサ。
なんとなくという解答でしたが、自分とハヤトたちの違いとしてあげたのが、

アズサ
アズサ

「目的に向かって爽快ビュンビュンに走ってる感じかな?」

アズサは学校で褒められたり、いいねをもらうことが嬉しいんだそう。それに対してハヤトは、新幹線の知識を褒められるより、新幹線のことを褒めた方が喜ぶんじゃないか、と。

いやぁーーーー深い!!!シンカリオンがずっと描いていたテーマがここに現れてるような気がする。
アズサは承認欲求で動いてるけど、ハヤトたちは純粋に自分の好きなものを追い求めて動いている。そこに適合率の違いが現れる。
いやぁーーーー深い!!!(語彙力なさすぎ)

今のSNS時代って他者と関わることが容易になったおかげで(せいで)本来満たすことのできなかった承認欲求を簡単に満たせるようになっちゃったんですよね。
もちろん承認欲求を満たすメリットもあるとは思うんですけど、やっぱデメリットも結構ありますからね。

いいねを気にしすぎて、本来もってる自分自身の価値観が他人の意見に左右されるようになっちゃったら元も子もないですし。そんなの全然幸せじゃないし。

でも冷静に考えたらアズサすごいな。小学校6年生なのに客観的に自分のことを分析できてるし、でも悲観的になってないし、なんだかんだYouTuberとしても活躍してるし。

ヒトとキトラルザスの共存

キリンにヒトとキトラルザスの共存を実現したいという思いをぶつける八代。
私には無理だが、新たな世代であれば、と2体のシンカリオンを双方に与えたということでした。

キリン自身も八代の考えに思うところがあったっぽいですけど、やはり今の人類との共存はありえないという判断をしていたようです。ですが、ハヤトたちに仲間にならないかと説得している様子から見て心変わりしたんでしょうか?

キリンが長年疑問に思っていたこと。それは、不安定で不確定な要素である適合率を八代がなぜ導入したのか、という謎。

オマージュ的な位置付けにある『新世紀エヴァンゲリオン』にもシンクロ率という要素がありますよね。
そういえば、兵器っていうのは特定の人間だけが使えるものではなくて、誰にでも使えるような汎用性がある。故にエヴァは兵器ではない、って言ってる人がいたなぁ。

八代はシンカリオンのこと兵器って言ってたけど、厳密にはシンカリオンは兵器じゃない?

ボディーに一発

ブラックナンバーズを勝手に出撃させ、アズサを連れ去ろうとしたソウギョクにキリンが腹パンをかましてました。ざまぁ。

ハヤトに対して再度、「仲間にならないか」と勧誘するキリン。

悩むハヤトは一体どんな決断を下すのか!?

スポンサーリンク

今日の名言

アズサ
アズサ

「爽快ビュンビュン」

そぉおーか、い、ビュン、ビュン〜♩

アズサ
アズサ

「計算グイグイ」

けぇえーい、さ、ん、グイ、グイ〜♩

次回予告

923ってなんの数字だろ?って調べたら、ドクターイエローの正式名称が新幹線923形電車だった。新幹線好きなら常識なんだろうけど。

今日のイラスト

アズサが無事でよかった。

COMMENT