新幹線変形ロボ シンカリオン【59話感想】「繋げ!!シンカリオンと鍋の力」

新幹線変形ロボ シンカリオン【58話感想】「ファイト!!エクスプレスと青春のE2系」

ストーリー感想

イザの思惑とスザクの葛藤

イザスザクの会話から始まった59話。
前回ラストで出現していたイザの映像出力、自由に出力できるのかと思ってましたけど、一応制限があったようです。

ストーカー気質のソウギョク「あいつらと共に過ごしてきたお前も、同じと思っている」と牽制されるスザクさん。あいつらとはビャッコゲンブセイリュウのことですね。
人の側についたセイリュウのことをまだ助けられる、とほざいてました。
お前の助けなんかいらんわ!

ナーバスになる運転士たち

タカトラギンジョウの3人は敵の親玉がシンカリオンの元関係者だったということを知らされ驚きます。

想像してたよりもシビアな世界だったことに困惑するギンとジョウ。
タカトラは夢を持つことは、素晴らしさがある反面つらさもあるということを2人に教えます。

授業で夢を持つことの素晴らしさしか教わらなかったことに、タカトラは疑問を感じたとのこと。
学校の先生に限ったことではないですが、物事を一定の方向にしか捉えられないような人の言葉は信用しちゃいけませんね(自戒の念を込めて)

みんなで鍋を囲む

部外者でもできることはある!ということで、タカトラたちがハヤトたちに鍋を振る舞います。

ゲンブがセイリュウたちのことを家族だと思っていたことを出水司令長から聞かされ、驚くセイリュウ。
やったねセイリュウ、家族ができたね!

スザクの覚悟

倒されることを覚悟でスザクさんがセイリュウたちの前に現れます。
人魚っぽいデザインがカッコ美しい。

捕縛フィールドの線路を切断し、燃え盛る炎に囲まれたスザクへの道を切り開きます。
捕縛フィールドって物理的なフィールドだったのか…。特定の場所に物理的なフィールド作れる技術って相当すごくない?
あれ、捕縛フィールドの技術使えばシンカリオン遠くに一瞬で運べるんじゃない?あっ、それだと超進化速度にならないのか。

行っちゃダメだ、いやだ!と叫ぶセイリュウに、思わず目頭が熱くなってしまった。(というか普通に涙出た)

無事スザクを救い出したセイリュウ。
死亡フラグがビンビンに立ってましたけど、スザクさんはなんとか生きながらえたようです。よかったよかった。

ハヤトパパはイザとの対話を決断し、それをハヤトに伝えたとこで今回のお話は終了。


今日の脚本はシリーズ構成の下山健人さん。
中だるみしそうな話数なのに、まだまだ盛り上がってきそうなのがすごい。

シンカリオンはキャラクターのよさもありますが、やっぱりシナリオの構成力が抜きん出てますね。

キャラクター感想

スザク

「私にどうしろっていうのよ…」と石化したビャッコに弱音を吐くスザクさんがかわいかった。

スザクさんこれからどうするんですかね?セイリュウみたいにアズサの家に居候する展開希望!

セイリュウ

ここ最近、主人公化がどんどん進んでるセイリュウ。

紅モードになる時のカタルシスがいい。

スポンサーリンク

今日の名言

「早杉指導長と出水司令長が向き合わなければいけないのは、過去が生んだ現在だ」

リュウジ

8年前の事故という点において、自分たちも早杉指導長たちと境遇が同じだろ、と言うタツミにリュウジが放った一言。

「美味しいものを食べたとき他の人のことを思う、おそらくそれを思う相手が家族なんだ」


家族の定義に血の繋がりは関係ないということですね。

さよならなんていうなよ!

セイリュウ

家族はもうスザクしか残っていない、だからこの世界で生きてくれ、というセイリュウの必死の説得で無事スザクさんを救うことができました。

次回予告

イザと直接対話するため、早杉指導長を敵の本拠地まで連れて行く作戦をたてるようです。

こんなに敵の本拠地に潜入するアニメもなかなかないですよね(笑)

今日のイラスト

動くハヤト

『えもふり』で作ったgif画像

練習がてら色々作ってるけど、なかなかうまくいかない。
キトラルザス決着編が終わるまでに、もうちょっとまともなのを作れるようになっておきたい。

スザクさん

適当に描いた背景が十字架みたいになってた。

とりあえず生きててよかった。

新幹線変形ロボ シンカリオン【60話感想】「大作戦!!団結チームシンカリオン」

COMMENT