新幹線変形ロボ シンカリオン【58話感想】「ファイト!!エクスプレスと青春のE2系」

新幹線変形ロボ シンカリオン【57話感想】「今回はキトラルザス特別編!」
スポンサーリンク

感想

ストーリー感想

ハヤトのお父さん、ホクトが超進化研究所に配属された過去を振り返る、そんな58話。

ホクトが学生時代に書いた研究論文が注目されて超進化研究所にスカウトされたんだそう。

89年バージョンの鉄道キャンペーンのcmが、八代所長の1番のお気に入りだそうです。89年のcmは流石にわからないわ。
佐野元春さんの『some day』の曲がcmソングだったんですね。

年に2回有明に出没するのでその時はそっとしておいてほしい、とヒビキさんが言ってましたが、それわざわざ言う必要ないよね。言っちゃうと逆に色々バレちゃう気がするんですけど。

ファーストエネミーが現れたことにより超進化プロジェクトが彼らとの交戦を想定した、ロボットの開発プロジェクトへと変わってしまいました。
「そんなことのために超進化研究所に入ったんじゃない!」、とホクトが憤ります。まぁ単なる移動手段の新幹線がなんでロボットに変形して戦うことになるんだよ、って誰でも思いますもんね。

最初からシンカリオンを開発することを想定して研究所を作ったんじゃないか?という出水さんの発言も気になるところ。

巨大怪物体の出現にホクトが出撃し、イザと接触するところで今日のお話は終了。

そういえば、過去の回想から現代に戻るシーンがちょっとわかりづらかった。
リュウジたちが出てきたところで「あれ?いつの間に現代に戻ってきたの?」となったのは自分だけでしょうか。
【11年前】ってテロップを最初に入れたんだから、現代に戻った時も【現代】、ってテロップ入れてほしかったなぁ。

スポンサーリンク

キャラクター感想

ハヤト

赤ちゃんハヤト可愛かった。

今日の名言

「やりたいことを諦めるのに、ハヤトを言い訳にしないで」

ハヤトママ

ハヤトにはやりたいことを思いっきりやる親であってほしい、というハヤトママ。
その甲斐もあってか、ハヤトはお父さん譲りの鉄道好きとなりましたとさ。

「早杉くん一つ聞きたい、君の好きなものは何かね

八代イサブロウ

シンカリオンの作中で、好きというワードが結構出てきますね。
作品を通して一番伝えたいメッセージなのかもしれません。

「20世紀コマーシャルの最大の名作だと確信している」

八代イサブロウ

鉄道キャンペーンのcmについてイサブロウが放った一言。

『ファイト!エクスプレス』のcm見たことない(たぶん)から、YouTubeのシンカリオンチャンネルで期間限定で配信してくれないかなぁ。

次回予告

スザクさんが久しぶりに登場です。

タイトルは『繋げ!!シンカリオンと鍋の力』

シリアスな展開っぽいのに変なタイトルをつけがちですよね、シンカリオン。まぁそこがいいんですけど。

手巻き寿司回のようなお話になるのかな?

今日のイラスト

雑!

新幹線変形ロボ シンカリオン【59話感想】「繋げ!!シンカリオンと鍋の力」

COMMENT