新幹線変形ロボ シンカリオン【54話感想】「押忍!!N700Aとリュウジのブルース」

新幹線変形ロボ シンカリオン【53話感想】「クイズ!!ブラックシンカリオンとペンギン」

アバン

時刻表の読み方をセイリュウがハヤトから教わってます。

こだまとのぞみの違いを尋ねるセイリュウ。
停車駅が違うということで、走行時間が違うとのこと。
ホントにそんだけの違いなんかい!

「ごめん、やっぱり私は付いていけない…」

2人の会話についていけないアズサ。
セイリュウがどんどんハヤト化していきます。

リュウジの母から電話がかかってきました。
超進化研究所から、ハヤトの電話番号を教わったとのこと。

リュウジとタツミに何かあったようです。
【CM】
ブラックシンカリオンが紅に染まる〜!

紅だーーーーー!!!!!!!!!!
ネタバレだーーーーーーーー!!!!!!!!

Aパート

リュウジとタツミの元へ

大宮支部はブラックシンカリオンを管理下に置かないとの決定を下したようです。
セイリュウは自由に行動できるということですね。

東総司令長再登場。
名古屋支部に東海道新幹線で向かうそう。

「やったぞーーー!!!東海道新幹線に乗る機会ゲットー!」

公私混同はいけません。


ハヤトたちも東京駅に。
全部のホームから出発するというのが、新幹線ファンのたしなみなんだそう。

「新幹線ファンのたしなみか…」

メモを取るセイリュウ。

「わああぁ完全に毒されてる…」

アズサ毎回ひいてるシーンありますね(笑)
ツッコミ役として大活躍です。

東司令長と東京駅で再開するハヤトたち。
そういえば東司令長の正体をまだ知らないんですよね。

ハヤトたちと一緒の車両に乗るため、グリーン車の席を交換してもらう司令長。
もはやストーカー。

なぜ新幹線に乗っているのかと、尋ねる東さん。
リュウジとタツミがケンカしたんだそうです。

なぜ友達のためにそこまでするのかと問われ、

「リュウジの問題は、俺たちの問題でもありますから」

と、答えるハヤト。
ハヤトたちが名古屋まで赴き、問題を解決することになったんだとか。

2人に事情を聞くことに

リュウジのお母さんの病室を訪ねると、そこには女の子が。

リュウジの妹のミユちゃんキターーーーーーーーー!!!
なぜ今更妹出て来たーーーー!!!!!!!

「兄貴のことは話題にするな!」

突然2人の会話がなくなったそう。


「人の食欲というのは果てしないな…」

バクバク食べるタツミにひくセイリュウ。

タツミが運転士の試験に臨んだところ、見事合格したんだそう。
しかし、リュウジから反対されてケンカになったようです。

この問題を解決するために、東総司令長が呼ばれたとのこと。

今度はリュウジと直接あって話を聞くことに。

「空手をやめれば必ず後悔する」

タツミはいつも自分のことを後追いしてばかりだと、大局が見えていない、と愚痴をこぼすリュウジ。

話してみれば、とハヤトから提案されますが、話がわかる頭じゃない、とリュウジから言われます。
地味にひどい言われよう(笑)

「言葉のない対話だよ!」


組手をして言葉のない対話を試みますが、タツミから大局が見えてない、と指摘されます。

2人の様子を見ていたセイリュウが、ビャッコゲンブのことを連想します。
セイリュウにとって2人は兄弟みたいな関係だったんですね。

こだまとのぞみと一緒だな、というセイリュウの言葉を聞いて、閃くハヤト。

「そうか!」

唐突の巨大怪物体の登場。

ソウギョクが見守ってますが、作画が濃い!
そして喋らない!

スポンサーリンク

Bパート

CM開けた途端に、変形バンクが流れた。

コアが複数あります。
アノマロカリスみたいな敵。

「複数のコアは同時に壊さなければ意味がない」

一つ一つコアを壊していっても、復活するとのこと。

「司令室!N700Aを、タツミを出撃させてください!」

目の前のものに影響されすぎる、というリュウジの言葉にハヤトが反論します

「空手やシンカリオンよりも大事なものがあるだけなんだ」

「リュウジの背中だよ」

各駅に泊まってものぞみを追い続ける、こだまのようだと。
なるほどわからん。

「おおおおさすがハヤトくん!最高だよ今の新幹線例え話!」

東司令長には響いたようです。
さすがは鉄道仲間。

総司令長命令で出撃が許可されました。
もはや圧力。

『チェンジ!シンカリオン』キターーーーーーーーー!!!
この曲好きーーーー!!!!

タツミがN700Aで出撃します。
バンク使い回しが効くから楽ですね。

ヌンチャクみたいな武器で戦うタツミ。

「やるじゃない!リュウジがブルースリーなら、タツミはジャッキーみたいな感じ」

ハヤトが新幹線に例えるなら、とアズサが映画俳優で2人を例えます。
うん、これならわかる。

見事撃破しました。


タツミの好きなことを妹に尋ねるリュウジ。

「リュウ兄と一緒にいることだよ」
「ホント、大局が見えてないよな、2人とも

リュウジも大局は見えていなかったようです。
一番大局が見えていたのは、妹のミユちゃんでしたとさ。

【ED】

次回予告『超・超・超加速 ブラックシンカリオン紅』

 

新機体キターーーーーーーーー!!!
くーれないーにそーまーったー♪

あれ、シャショットとかいう新キャラも出て来ましたね。

話は終盤なのに新キャラ追加するとか、大盤振る舞いですね!

COMMENT