キラッとプリ☆チャン【83話感想】「ふしぎな本屋さんでふしぎ体験だもん!」

ストーリー感想

キラ宿堂のお手伝い

キラ宿にある本屋さん「キラ宿堂」の和子さんと成子さんと一緒に、本の買い出しに行くことになったキラッツの3人と虹ノ咲さん。

本の町と言われている「キラ保町」に向かった一同は、色んな本屋さんがあることに大興奮。

  • おかし本書店(みらいママ)
  • ミュージック書店(さら)
  • 宇宙書店(める)
  • いきもの書店(りんか)
  • ホラー書房(あんな)

等々、専門的な本屋さんが並んでいました。さすがは本の町。

えも
えも

「ここは赤城あんなにおすすめしたいねー(○`∇´)Ψケッケッケ」

あんなってホラー好きだったけ?って思ったけど、怖がるあんなの姿が見たかったのか、なるほど。 いつも頭の中があんなで一杯のえも。うん、エモい。

いきもの書店には「ハシビロコウは見た」という通称ハシ見たシリーズの完結作品の紹介ポスターが。動物園での殺人事件とかを扱った小説なんだろうか。ハシビロコウが決定的瞬間を見ていたからといって、どういう風に推理につなげていくのか全然想像つかないけども。

お目当ての本屋に

キラ宿堂の2人がよく通っているという「じこう堂」(なんて書くかわからん)という本屋に到着したみらいたち。 200年以上前(明治時代)の建物らしく、六角柱の縦長で正面には大きな丸時計が。

えも
えも

「え!?わたし平成の前って江戸時代だと思ってた…」

えももそのうち、令和生まれの子に「え!?令和の前って江戸時代だと思ってた」って言われますよ。

お店の主人は世界中を旅しているということで、キラ宿堂の2人は一度も会ったことがないそう。

ちっちゃい女の子

店内を散策していると、ネコを連れた小さな女の子が。

メイ
メイ

「こんにちは、私はメイ、こっちはジーコ

新キャラ登場。ぱっと見おしゃまトリックスのデヴィに似てます。サングラスを頭につけてて、杖を持っているというただならぬ雰囲気。メイはこのお店に住んでいるということで配信許可をもらうことに。

  • 庭球本
  • 排球本
  • 體(たい)操本

等々、旧字体で書かれた専門の本がズラリと並べられています。明治時代の建物ということで、ジャンル分けも旧字体になってるのかな?

チアの歴史全集やチアの技本も揃えてあって、普段本を読まないえもも大興奮。

りんか
りんか

「えもちゃんが漫画以外に飛びつくなんてすごい本屋さんね」

ひどい言われよう(笑)えもに対しては結構毒舌吐くりんか好き。

不思議空間

2階の絵本のコーナーで「ジュエルのくにのおひめさま」を探す虹ノ咲さん。

メイ
メイ

「おー、確かアイドルだった人が描いた絵本かな?」

めいには心当たりがあるようで、このお店にも一冊だけ保管していたそう。「アイドルだった人が描いた絵本」というとても気になるワードが出てきましたね。「アイドルだった」という点に注目すると、当てはまる人物は限られてきます。

本を探していると、「ケンジントンの大冒険」という本を見つけます。その本を開いた途端、辺りは不思議空間に。本の中から飛び出してきたクマがドアの向こうへと駆けて行き、驚くみらいたちはその後を付けていくことに。

絵本の中の登場人物

ダリのグニャグニャの時計や、マグリットの絵っぽいものがあちらこちらに。深読みできそうだけど、シュールレアリスム的な空間の表現としてはよく見る光景だから特に意味はないのかもしれない。

メイ
メイ

「あの子はケンジントンって言うの」

えも
えも

「けんちん汁?」

りんか
りんか

「えもちゃんワザとやってない?…」

ワザとだったのか(笑)てっきり素で言ってたのかと思ってた、騙された。まぁ本音かもしれんけど。

ケンジン“トン”ということで、えもから豚呼ばわりされて怒るくま。ヒノノニトンのcmか!ケンジントンっていう地名がロンドンにあるようですね、知らんかった。

  • ケンジントンの大冒険
  • 荒井仁とまほうのじゅうたん
  • 吉田のえがお

絵本の中から現れた登場人物を虹ノ咲さんは子供の頃から知っていたようで、忘れられていなかったことに安堵するケンジントンたち。

荒井仁は、アラジンなんだろうけど「吉田のえがお」って元ネタなんなんだろ?

世の中に怒ってる

ケンジントンたちが言うには、自分たちのことを忘れていく世の中に怒っているんだそう。

大人気の絵本も新しい本が出てきたら、そっちに人気が移り変わっていく世の中を嘆いていました。世知辛いですね。絵本に限らず「流行」というものは得てしてそういう面をもってますよね。

ただ、ケンジントンは行動しました。

黙っていても気持ちをわかってもらおうっていうのは、都合がいいのかもしれないトン

扉に体当たりをしていたら扉が開きみらいたちの世界に繋がったようです。そんなケンジントンの言葉に耳を傾けていた虹ノ咲さん、色々と思うところがあるみたい。

「黙っていても気持ちをわかってもらおう」っていうセリフはなかなかくるものがありますね…。言葉に出さないと伝わらないことがあるっていうのは頭ではわかっているんだけど、なかなか行動に移せないんだよなぁ。

笑顔にする魔法使い

りんかの提案により配信をすることになったみらいたち。おかし作りの配信、占い、絵本の登場人物も活躍。久々のみらいの「キラースマイル」も登場。

みらい
みらい

ひっさびさにキラットきらめきキラースマイル!」

久々なことに自覚があったようです。いつか視聴者に、みらいの「キラースマイル」を見せてもらえる日が来るのでしょうか?

メイ
メイ

「あの子達はみんなを笑顔にしてくれる魔法使いみたい」

魔法使いみたいな見た目をしているメイから魔法使いみたいと言われてるの面白いな。現在のOPの「キラリスト・ジュエリスト」ではみんなの笑顔が溢れていますけど、2期は「笑顔」という部分が重要なテーマになってくるのかもしれないな。

いつかみつかるといいね

最後はりんかのライブで終わり配信も大盛況で終了。ケンジントンたちからはお礼を言われ、これからも頑張ろうという気持ちになれたようです。

いつの間にか姿が見えなくなっためいちゃん。実は彼女は123歳で、このお店の店長なんだそう。合法r…。

結局「ジュエルのくにのおひめさま」の絵本は見つかりませんでしたが、じくう堂を後にしたみらいたちはとても暖かい気持ちになったのでした。


いやぁー今回の話、いつものプリチャンとは違った不思議なお話で面白かった。突然、謎の空間が現れてクマが登場してきたところとか別アニメが始まったのかと思ってしまいましたよ。

子供たちに忘れられる(子供の心、無邪気さを忘れてしまう)恐怖を描いてる作品はピクサーの、特に「トイストーリー」シリーズでよく見られますね。「うしおととら」等で有名な藤田 和日郎先生の「月光条例」という漫画でも、そんな話があった気がする。

まぁ、言ってしまえば「キラッとプリ☆チャン」という作品自体にも通じる話ではありますけどね。子供向けコンテンツの、さがかもしれない。

ケンジントンたちが行動に移さず絵本の中に閉じこもっているというシチュエーションは、虹ノ咲さんの現状とリンクしてましたね。

お話の最後に、女の子に笑顔で絵本を薦めている虹ノ咲さんの姿がありました。みらい、アンジュ、ケンジントン。色んな人物と出会っていく中で、虹ノ咲さん自身にも少しずつ変化が現れてきたようです。急に変化せずに、じっくりと時間をかけて虹ノ咲さんの成長を描いていっているのがホント好き。

最初はみらいたちが見てる夢の世界なのかな?と思ってたけど、ラスト見る限り現実かな?プリチャンの世界の技術力がどんなものかわからないので判断できないですけど、ホログラム的なことであの空間を映し出していたんだろうか?リアル寄りな作品?ではあるから、あの世界はファンタジーの世界ではないとは思うんだけど、まぁ夢か現実かわからないほうが楽しいか。

今回、特に気になった部分としては「ジュエルのくにのおひめさま」の作者が「元アイドル」だったという新事実。

以前このブログにもらったコメントがコチラ。

なるが「ジュエルのくにのおひめさま」の作者、ありますね。ただ、疑問が色々と残ってるのと、次回予告に登場する人物の経歴も気になるところ。うーん、謎が面白い!

スタッフクレジット見て驚いたのが、

  • メイ
  • ジーコ
  • 昭 和子
  • 平 成子

の声が全て新井里美さんだったということ。全然気づかなかった…声優さんってすばらっ!!ですの!!

「明(メイ)治子(ジーコ)」が登場したということで、「大 正子」、「令 和子」の登場も期待。

今日の名言

えも
えも

「わたしたち普通にこの子達と話してるけど、配信はえもがすぎない?…」

えもがすぎない」という新語が誕生。前にも言ってたっけ?

次回予告

第84話「ロケットハート! 宇宙に届け! だもん!」

宇宙や打ち上げのことについて見学する4人は、昔プリ☆チャンアイドルをやっていた案内役の星姉ぇと仲良くなり、奥の研究エリアも見学することに。

プリチャン84話あらすじ

昔プリチャンアイドルをやっていた」、だと…。

「ジュエルのくにのおひめさま」の作者候補がもう1人登場。星姉ぇの目の中が虹色だったし。ただ、なんとなくミスリードの予感もする。

それにしてもプリチャンは宇宙要素がたくさんあるなぁ、何かのフリなのかなぁ。

今日のイラスト

園児の頃に“みらい”と友達になれてたら、虹ノ咲さんの“未来”も違うものになってたんだろうなぁ。(みらいだけに)

COMMENT

  1. わぁ、私のコメントが貼ってある(ありがとうございます
    やっぱりなるですよね・・・。
    元アイドルというともうあいらさんかなるか星姉ぇしかいませんし。
    “一回だけ絵本を描いたことがある”このセリフかなり重要ですよね。

    ようやくりんかちゃんに新やってみたが・・・。

    関係ないですがプリパラとプリチャンどっちが好きですか?
    私はプリチャンですかね。

    • もしかしたら新キャラが突如現れて、その人物が「私が作者です!」って現れるかもしれないですけどね(笑)
      作者について言及があったということは、今後作者が誰かは判明するということなんでしょう。

      プリパラとプリチャン、う〜ん…どっちも大好きなんですよねぇ(笑)
      「壮大な世界観と狂ったギャグ」を描いたプリパラも好きですし
      「日常の中でおこす、小さな革命」を描いたプリチャンも好きですねぇ。

      プリパラは「面白い!!!泣ける!!!」って直ぐにガツーン!ってくる感じですけど、
      プリチャンは「面白ぇ…泣けるぅ…」って後からジンワリとくる感じですかね。(伝わらない)

      • プリパラはプリパラの、
        プリチャンはプリチャンの良さがありますからね。
        結果的にはどっちも好きなんですが。

        そういえばえもちゃんの”えもい”って
        「感情が動かされた状態」「感情が高まって強く訴えかける心の動き」って
        意味らしいので使い方を間違っては・・・ない?のかな?

        • えもの“えもい”という言葉にはきっと、無限の可能性が秘められてるんですよ!!(たぶん)

  2. メイとジーコはケンジントンと同じくファンタジー的な存在か幽霊とかな気がしますねラストで絵本のキャラクターと一緒に消えていった所とか特に。
    今回出てきていない123歳の明治子も後で登場すると思います。

    • ファンタジー展開もたまにはいいですね。

      >> 今回出てきていない123歳の明治子も後で登場すると思います。

      ほう…あのメイちゃんは123歳の明治子の仮の姿(幼い頃)ということか、なるほど。
      (できればあのかわいい姿のままでいてほしいんだけれども…)