キラッとプリ☆チャン【34話感想】「俺たち解散してみた!」

カメラを磨くユヅル

タカヤという男性がやってきて、あいつと別れてきた、と言ってきました。

一方、ミラクルキラッツの前にはアローズというアイドルグループのアユミという男性が。
えもはアローズのファンらしいです。。

「久しぶりだね、アユミくん」

りんかのお兄さんと知り合いだとのこと。

アローズは解散した、ということらしいですが、それをわざわざ知らせるために来たの?

【OP】

詳しい事情を聞くことに

ユヅルがタクヤから解散の理由を聞き出そうとしますが、はぐらかされてしまいます。

NEWアローズとしてもう一度プリチャンをしないか、と誘われるユヅルでしたが、カメラマンになる夢があるということで断ります。


「アユミんと同じ空気吸ってるなんて、チョー幸せ!」

ミーハーなえも。

アユミがどんなアイドルなのかえもに尋ねるミライ。
踊れば1000万いいね、喋ればプリチャンベストトークショーを受賞するほどのアイドルなんだそう。

なんでここに来たのかと問われ、アユミはりんかとアイドルをするために来た、と答えます。

困惑してるりんか。
男女のプリチャンアイドルっているんでしょうかね?

「ごめんなさい、出来ません」

さすがりんか、全く迷うことなくキッパリ断ります。

「え!?なんで断っちゃうの?すっごいチャンスじゃん!」

いやいやいや(笑)同じグループでしょうが。もったいないとかそういうんじゃないでしょ!えもにとってのキラッツってその程度だったんかい!

「なんでって、キラッツをやってるからよ」

ど正論。
これ以上ないくらいの正論です。

ユヅルがアローズにいたということに気づいて、ユヅルのことを見直すえも。

ユヅルをキラッツの番組に出演させるという展開に。

タカヤのハッスルマッスルマンモスアワー

ひたすら筋トレをしてる動画に、いいねが全然つきません。
アユミの喋りがあったからじゃない?とユヅルがフォローしますが。
タカヤが人気ないわけじゃ決してないですよ。
うん…たぶん。

ミラクルキラッツチャンネルにはアユミがゲストに。

アユミに負けたくないと闘志を燃やしてスクワットをしだすタカヤ。
脳筋キャラですね。

【CM】

伸び悩む再生数

「最初はたくさん来てたけど、アユミくんを出してるだけじゃやっぱりダメね」

なかなかリアルなセリフ。
実際、有名人だからといって、再生数がたくさんくるとは限らないですもんね。

着ぐるみを着て、キラッツチャンネルをすることに。

りんかはハト、えもは猫、ミライは犬。
そしてアユミはセミの着ぐるみ。

「アユミンミンゼミ〜」

なぜ自分だけ虫の着ぐるみなのかとりんかに尋ねますが、かわいいですよと言われ、満更でもない様子のアユミ。
りんかの手のひらの上で転がされちゃってます。

スポンサーリンク

キラッツチャンネルをチェックするあんな

あんなはアローズのこと知ってたようです。

「よーし、じゃあめるめるも対抗して、それー!クルクルクル、ミノムシ!」

「おやめなさい!」

…かわいい。
めるめるの無邪気さが、ただただかわいい。


「りんか、りんか」

鼻メガネをつけたユヅルが草むらから話しかけます。

「だれ!?」

いや、わからんのかい(笑)

キラッツチャンネルでタカヤとアユミを仲直りさせてくれないかと、ユヅルから頼まれます。

「ひとりずつじゃダメなんだ。二人が一緒に配信するから人気があった。」

二人だからこそいい≠ソロだと人気ない。

ユヅルたちの思い出の場所

配信場所としてユヅルから提案された場所にはキラッツの3人とアユミの姿が。

せっかく仲直りさせようと二人を会わせたんですが、全然話を聞いてくれません。

「まあまあ、いつまでも喧嘩してないでそろそろサクッと仲直りを…」

ミライが仲裁しますが、効果なし。

NEWアローズをかけて対決することに。

急に天気が荒れて、大雨が降ってきました。

よくわからないパフォーマンスでいいねをたくさんもらいます。

「これがアローズの実力…」

このセリフ、関心してるんだかそうじゃないんだか。

二人が元に戻るまで待ってほしい、とユヅル。

急に天気が荒れたかと思いきや、急に天気が回復しました。
そして空には虹が。

タワーにかかった虹が弓と矢に似ていることから、アローズという名前がつけられたようです。

色々ありましたが、仲直りできました。

ホイップいちごコーデでライブ

このコーデかわいいなぁ。
相変わらず最後のミライのポーズがかわええ。


祝アローズ再々再々…結成。
今までも何度も解散してたんかい!だからりんかが放っておけばいいんじゃ、って言ってたのか。

なんやかんやでまた喧嘩して、
「もう解散だー!」
というオチで終わります。

先週から引き続き、終わり方が昭和のアニメ。

【ED】

【次回予告】

『友情、時を超えてみた!』

えもの祖母のおはなしのようです。
前作のプリパラでも同じような話がありましたね。

COMMENT