キラッとプリ☆チャン【24話感想】「星の願いかなえてみた!」

体育祭の始まり

アニメで体育祭って意外と珍しい気がします。文化祭とかはよく見る気がするんですけど。

りんかちゃんしっかりてる。

あんなとさら。

「また3人一緒のメルテックスターだよ!」

「冗談じゃありませんわ」

「メルテックスターはわたくしとさらで十分。あなたともう一度一緒なんて認められませんことよ」

「ごめん」

さらは板挟みでツライなぁ。

あの三人になにがあったんだろう・・・。

ほうき星。

元気ないめるめるかわいい。

くじけてないようです。かわいい。

OP変わるとしたら来週くらいかな?

選手宣誓赤木あんな

おおすごい!さすがはあんな。どんなときでも赤木あんなであることを忘れません。元気に振る舞ってます。もうプロです。

「華々しいイベントの幕を開けるのは、やはりこのわたくし」

あんなはこれでなくちゃですね。

「ちょっとまったーーーー」

あんなの顔(笑)

「めるめるはあんあんと勝負したい!体育祭、めるめるも参加する。それでめるめるがあんあんに競技で一つでも多く勝ったら、もう一度めるめるがメルテックスターになることを認めて!」

めるめる有名人。

「勝負だなんてどうしてワタクシがそんなことしなくちゃなりませんのー!」
「めるめるの実力を証明して、あんあんのほうからメルテックスターに戻ってきてって言わせてみせるー!」

ふたりともかわいい。

「いいよ。もしめるがあんなよりすごいってわかったら、メルテックスターへの復帰を認めようじゃないか」

さらちゃん策士。

「あんな君もモヤモヤしているんだろ?だったら勝負してスッキリさせよう。そのほうが君らしいよ」

今回あんなの表情がコロコロ変わってていいですね。

モブがいつもよりしっかり描かれてる。

「わかりました。みながそうまで言うなら、この勝負受けて立ちますわ!」

あんなの扱いになれているさらのおかげですね。

スポンサーリンク

赤組VS白組

めるめる、首になにか下げてます。

あんな、もしかしてさらより足速いの?運動神経よくて可愛くてお金持ちで努力家でいい子で、もう言うことないですね。

「ベリーベリーかわいい走り方だったね!あの走り方めるめるにも教えてー」

褒めて伸ばすタイプ。

みらいの照れてる表情がかわいい。

「あ、あんなので良かったら・・・」

抱きつきキターーーーーーーーーーーーーーー!!!!

はぁ…眼福眼福。

りんか(笑)カメラ連射してる。後でpngで送ってください。

周りのモブ子の反応もいい。

「なんで負けたくせにあんな楽しそうなんですの(怒)ムキー次で叩き潰してあげますわー」

めるめるがあんなに抱きついて、あんなが照れる展開を早く見たい。

「あれこそ玉入れの必勝法よ!」

確かに、テレビとかでよく見ます。

コスプレリレー

コスプレだと。

えもの両親イチャイチャしてる。

校舎の裏とか、なにかが起きそうな予感。

「みんなに悪いな。せっかくの体育祭をぼくたちの揉め事に巻き込んでしまって」

こういう気遣いができるさらちゃん素敵。

意地っ張りだからあんなは

おや?みらいの様子が。なんだか悲しそう。さらがあんなのことばかり気にしてるからとか、まさかそんなことはないか。まさかね。

「みらいくん、もう少しあの二人に付き合ってくれるかな?みんなが力を貸してくれれば、きっとまたメルテックスターも…」

うん!もちろんだよさらちゃん。私にできることならなんでもする!

あれ、みらいちゃんさらちゃんに恋しちゃってる?

玉転がし、騎馬戦、障害物競走

午前の部が終わって赤白同点です。

あんなの食事(笑)お金持ちの漫画キャラあるあるだな。

みんなのための食事だったんですね。ほんとあんなはいい子。

赤組だけか。

あんなつらそう。そんなあんなを側で見ているさらもつらそう。

「めるちゃん、あんなちゃんたちと何があったの?」

「そうだよ。勝負なんかせずもっと普通にメルテックスターにもどれないの?」

「赤木あんなはなんでおこってるの?」

「たぶん、めるめるがあんあんの前からいなくなったからかな…」

3年前

大人になると3年なんてあっという間ですけど、子供時代の3年ってほんと長いですよね。

みんなかわいい。

「もっとみんなの心に届くパフォーマンスが身につきますように」

「今日も明日もあさってもエブリデイ。ドーナツが食べられますように」

 

「世界中のみなさんがワタクシの魅力でパニックになりませんように。ワタクシの才能で世界が滅びませんように。ワタクシのすべて…」

 

みんなキャラがたってます。

永久に落ちることのないワタクシだけの流れ星

「だから、めるめる落ちない流れ星探しに行った。そしてめるめるお星様見つけた。あんあんのために」

そんな過去が…あんなのためだったんですね。あんなはそのこと覚えているんでしょうか?

めるめるのあぐらいい。

さらは王子様ですね。

スポンサーリンク

午後の部

あんなあんなあんな。

赤白いまだに同点。

「あんな、意地になるのもやめなよ。ちゃんとめるの話も聞いて…」
「拒否しますわ!」

聞く耳持たず。

今回はえもの影が薄い。

「めるちゃんのキラッとを届けるんだよ!」

ライブくる?

プライドの問題だったんですか。

なるほどバトンのタイミングで話しかけるのか。

「ねぇこれ覚えてる?」

北極の流れ星。

「だから、めるめるは落ちない流れ星探した。ずっとずっと。そして見つけたの!」

「ま、まさかそのためにあなたはアメリカに…」

「あんな!走って!めるは君のために旅立って、君のために帰って来たんだ!今こそメルテックスターが走り出す時だーーー!!!」

涙腺にきます。泣けます…。

「わかったでしょ。めるちゃんはあんなちゃんだけのお星様をどうしても見つけたかったの。それを探し続けて、だから帰って来れなかったんだよ」

握手。よかった。

メルテックスターのライブきたーーーーーーー!!!!!!!

けもの耳ついてるーーーーー。

猫耳だーーー。

3人だーーーーーーーー。

手の動きがすごい。

落ちることない流れ星。

はぁ、ライブ最高でしたわ。

「落ちない流れ星を探すためにNASAに入った」

NASA(笑)天才だ。

「名前はメルテックスター!!」

ここで涙腺崩壊ですわ。

あんあん、嬉しくないの?だって泣いてるよ?

はい、もう涙ちょちょぎれます。カタルシスがやばいです。

「嬉しくないわけがありませんの!める~める~!!!!」

「ぼくたちはずっと待ってたんだ。お帰り、める!」

「ただいま!」

えも(笑)

神回だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!紛うことなき神回だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

もう最高でした。久しぶりに泣いた。

これすごいのが、今まで引っ張ってきたメルテックスターの解散の理由と再結成を1話で描いているんですよ。めるなんて前回出てきたばっかりですからね。いやぁアッパレ。もう言うことないですわ。

来週はめる回。

あんなとさらとめる

COMMENT