キラッとプリ☆チャン【139話感想】「「君こそスターだ!」なる店長がやって来たッチュ!」

+6

Oops!

アリスのところに居候することになったイブ。アリスから教わったペペロンチーノ体操がすっかりお気に召したようで、朝から2人で楽しく体操する2人。

そんなアリスとイブがいつものようにキラ宿でみらいたちとおしゃべりしていると、見た目がアメリカンな小柄な女性が登場。

その正体はニューヨークにいるはずのなる店長。帰国したわけを聞くと、ここキラ宿で世界一のエンターテイメントを届けるべく戻って来たとのこと。

なる
なる

「Oops!」

ニューヨークにいたからか、見た目もさることながら言動まで向こうの言語に影響されてます。

すず
すず

「向こうにいた時以上にかぶれてる。。。」

向こうにいた時も、かぶれてたんかい(笑)某アイドル活動アニメも、海外行って影響されてた気がするけどアイドルはそういうのに影響されがちなんだろうか。まぁ見方を変えれば、いろんな文化を吸収する能力があるということでもあるっちゃあるか。

ニャーヨーク

リングマリィをマスコット達を主役にミュージカルをすることになり、みらいたちも参加して練習に励む一同。もう一つ何かが足りない、と悩むなるは子供達の前で「ペペロンチーノ体操」を披露するアリスとイブに遭遇し、2人をミュージカルに誘うことを決意します。

本番のミュージカルが始まり、それぞれ猫の姿を模した衣装に身を包むリングマリィ、マスコッツ、そしてアリスとイブ。

ミュージカルの内容は、「ニャーヨーク」で大人気のアイドルであるリングマリィのようなアイドルをなる店長扮する「師匠」が探している、というような感じのお話。

しかし、目玉である像のプリ子ちゃんを登場させるシーンで予想以上に体重が重くステージがあがらない事態に。

多分、自動だと思うけど自動で持ち上がらない分をみんなでステージを持ち上げてたのかな。そんな中、えもがめちゃくちゃ必死の形相で持ち上げてたのが面白かった(笑)

トラブルで演者達が助けに入る中、ステージ上にはアリスとイブが2人だけに。どうするかアリスが迷っていると、突然「ペペロンチーノ体操第一」を始めるイブ。

間を持たせることだと気づいたアリスも参戦し、会場は子供たちも巻き込んでペペロンチーノ体操に夢中に。

アリス
アリス

「イブちゃんと2人ならこんなにお客さんを楽しませられる」

イブ
イブ

「不思議。まるで意思が通じ合っているみたい。ずっと昔からお互いを知っていたような」

一緒に来ない?

なんとか場を繋ぎ、マスコッツたちのライブもあってより一層盛り上がる会場。

ミュージカルは大盛況に終わり、みんなにお礼を述べるなる店長。今回の立役者でもあるアリスとイブをニューヨークに誘うなる店長でしたが、「ここを離れるわけにはいけない」と断られてしまいます。

会場を後にし、帰宅するみらいたちに突如襲う地響き。

地面が競り上がり、滑り落ちる群衆。そしてそれに巻き込まれメガネを落としてしまうめが兄ぃ。

ランド内に突如として現れた猫の形の巨大オブジェクトを前に、イブがこう呟くのでした。

イブ
イブ

「ルルナ?・・・」


お久しぶりのなる店長が登場した139話。

ニューヨークにかぶれて服装や髪型がアメリカンになってるのも面白かったけど、やたらと「Oops!」言ってたの笑った(笑)

ゲットしたイルミナージュコーデをライブで披露する回も、おそらく今回でおしまい?アリスとイブはやってないかな?マスコッツのイルミナージュコーデの袖の部分が独特な形状で可愛かった。リングマリィのコーデについてる人魚の尻尾風のデザインもよき。

今回のミュージカルのお話は『CATS』がモデルになってるのかな?CATS見たことないからお話はよくわからないけど。

アリスとイブがより一層お互いを意識するような関係性になってきてますね。真相が判明するのもそろそろかな。

残されためが兄ぃの「メガネ」も気になる。

+6

COMMENT

  1. ペペロン体操の言葉の響きすき
    アリイブ双子発覚も迫っている気がしますね!
    二人でのライブも見たい~

    めが兄ぃさんの眼鏡だけが残った=めが兄ぃさんの本体は眼鏡ってことなんでしょうか。
    次回予告でみらいちゃんが頭に着けてましたし。
    めが兄ぃさんの謎についてもそろそろ明かされる気がしますね。

    ルルナが実力行使に出たということは、それだけ後が無いんでしょうね。
    ドームが出てきた時、ソルルなんとかして!!って思いました(笑)
    もっと活躍していいのよ

    • ペペロン体操楽しいですよね、動きも面白い。

      メガネが本体かーなるほど。
      肉体の方はメガネから出力されたバーチャル映像、ということも考えられますね。
      前回メガネが浮いてるように見えたのは、めが兄ぃの肉体だけが消えてたからそう見えた?

      ソルルは人間体にならないと力を発揮できないし、猫状態だと記憶が封印されてる?っていうのがポイントですよね。
      そこらへんのパワーバランスが作中でいい感じに機能してる気もする。

  2. 最後のシーン、どこかが(旧約聖書の)『失楽園』を思わせる雰囲気がしませんか?(まあ、これを知っている女子は果たしてどのくらいいるか…。)

    • 「楽園(プリチャンランド)追放」ってことかな?
      もしかしたら『エデンの東』要素とかもあるかもしれないし、ないかもしれない。

      • そんなに昔のアメリカ映画(1955年に公開)よく知っていますね...。(原作は1952年にに発表された同名小説。)