キラッとプリ☆チャン【132話感想】「おしゃまトリックス!ついにライブデビュー!?ッチュ!」

+12

いつものようにいたずら配信を始めるおしゃまトリックス。すると、お腹をパンパンに膨らませたバグッCHUが現れ、その場に倒れてしまいます。どうすればいいかあたふたするおしゃまは、みらいの妹ひかりに助けを求めるのでした。

到着したひかりから、お腹がパンパンであることを指摘されたおしゃま。思い当たるところはないかと問われ、バグのパトロールが原因なのではと答えます。

以前「偉い人」からバグッCHUを見逃す代わりにプリチャンランドのバグを掃除してほしいと頼まれ、それからバグの清掃をバグッCHUと共に始めたおしゃま。最初は3人でバグ除去をしていましたが、バグッCHU1人でもバグ除去ができるようになったこともあり、バグのことはバグッCHUに任せて、おしゃまは配信に専念していたのでした。

その結果、自身の限界がきていることに気づかず、バグッCHUはバグを食べ続け病気に。おしゃまトリックスが遊び呆けたことで、こういう事態を招いた、というわけではないのが注目ポイントですね。「偉い人」からのお仕事をバグッCHU1人に任せていたのも、怠慢とかではなくてバグッCHUとの信頼関係ができたからこそだと思うし。

どうすればいいかと困っていたところに助け舟として現れたのが、ソルル人間体。ソルルが言うには「ライブをしていいねを集めること」が条件だということでした。ライブなんてしたことない。歌もダンスもできない、と弱音を吐くおしゃまの2人。そんな2人を助けるため、ひかりが一肌脱ぐことに。

早速トレーニングを始めるひかりでしたが、教科書通りの指導になかなかやる気が出ないおしゃまの2人。

ひかり
ひかり

「お姉ちゃん聞いてよ!(`A´)」

帰宅したひかりは、おしゃまが全然集中してくれないし、すぐ駄々をこねる、とみらいに愚痴をこぼします。みらいのアドバイスは「楽しく簡単なこと」から始めようとのこと。

みらい
みらい

「きっとちょとできたら、もっとやりたくなって。おまけにそれが楽しいって気づいたら、もっともっとってやりたくなってくるよ」

みらいのアドバイスでやる気を取り戻したひかり。早速おしゃまとレッスンを再開することに。

ひかり
ひかり

「プリチャンアイドルは、楽譜が読めなくても楽器ができなくてもダンスをやったことなくても誰でもみーんなライブができるんだよ!」

1番伝えておかなければいけなかった大切なこと。その結果、楽しく歌もダンスもファッションも覚えることができるように。

続く練習。頑張ってる2人にクッキーを作り、体育館に届けにきたひかりでしたがそこに2人の姿がありません。置きっぱなしのプリたまGO、バグッCHU体調の急変。

立て続けに起こった事態。信じていた2人に裏切られた思ったひかりは、用意したクッキーを自分で食べてしまいます。涙を浮かべてやけ食いしてるの切ない゜・. ・゜・(つД`)

みらい
みらい

「最後まで信じてあげようよ('v')」

落ち着いたトーンで話すみらいが、すごく大人っぽい。本人も言ってたけど、みらい自身も過去にこういう経験があったんでしょうね。

ひかり
ひかり

「あの2人は逃げたんだもん!!!!ヾ(`Д´)ノ」

それでも信じることができず、飛び出すひかり。飛び出した先にいたのは、鏡の前でダンスをするおしゃまの2人が。

鏡のない体育館の代わりにこの場所で。そして、お菓子の誘惑に負けないように金庫でお菓子を保管。ひかりのおかげでライブをすることが楽しくなったおしゃまの2人は、もっと良いパフォーマンスができるようにと自分たちで試行錯誤していたのでした。

誤解をしていたことに気づいたひかり。

ひかり
ひかり

「ごめんね。ごめんたら、ほんとにごめん!!!(ノ_-。)」

おしゃまに抱きつき謝罪。再び、デビューまで協力することを誓うのでした。

曲も完成し、いよいよデビュー。というところまでいきつきますが、どこでライブをするかまでは考えが及ばず。しかし、めが姉ぇが既に手配をしてくれていて、大勢の前でライブを披露することができるのでした。

見事ライブを披露し、たくさんのいいねを集めることができたおしゃまトリックス。バグッCHUの病気も治り、更にプチマスコットの姿からプリティマスコットの姿へと変貌を遂げるのでした。

えも
えも

「あー…なんかあんまりかわいくないなぁ」

誰もが一瞬思ったことを平然と言ってのけるえもさん。そこに痺れる(以下略)

バグッCHUのプリティマスコットの姿は、デヴィの衣装の腕周りについてたぬいぐるみと同じデザインっぽいですよね。

りんか
りんか

「そうかしら、結構可愛いと思うわ」

りんかは目つきの悪いキャラクターが好きなのか。

おしゃまのデビューライブを見ていたイブ。ルルナにライブのことを話しかけようとしますが、なぜかその場にルルナの姿が見えず……。


バグッCHUを助けるために、ライブの特訓をするおしゃまの2人。そんなおしゃまを助けるひかり。どちらも相手のことを思っての行動で、利己的なところはありません。

「実は〇〇してたんだ」って、後で誤解だと判明することは視聴している側としては容易に想像つくんだけど、それでも不安になりますし、ひかりが辛そうにしてるところを見るとやっぱり悲しい気持ちになりますねぇ。普通に泣いたもん。

今回ちょとだけ、ひかりのプロデューサーとしての才能の芽が顔を出した気がする。ひかりはもしかしたらそっち方面に行くのかもしれない。

あと、みらいの偉大さを再認識した。いつも誰かの悩み相談を受けてる気がする。意外とみらい自身の悩みってそこまで描かれてない?

おしゃまトリックスの曲は「いたずらカーニバル」。作詞作曲がボカロで有名なDECO*27さんだった。

「い・く・よ、ヘイ!ジャンプ!」「〇〇じゃん!」

で韻を踏んでるとこ耳に心地いい。「い・く・よ」って単語で区切ってるところデヴィの口癖っぽくていい。早口のセリフのとこも面白い。

カメラワークがぐるんぐるんなってるのも、おしゃまっぽくてよかったなぁ。衣装も、大人なっぽさと可愛さが合わさってる感じでよき。

そして次回は……虹ノ咲さんとだいあが登場!!!ヤッタァー!\(`∇\)(/`∇)/ヤッタァー

パジャマ姿の虹ノ咲さんが髪を下ろしてて懐かしさを感じた。髪結んでる虹ノ咲さんもいいけど、旧髪型でもやっぱ可愛いなぁ。

プチだいあ
プチだいあ

「ジャーン!だいあにいい考えがありゅんだもーん」

「ありゅ」って言ってるのかわええ。プチマスコットになって舌足らずになってるのかな。

サブタイトルの語尾で「だもん!」が復活してるし、メルティックがドット絵になってたしで楽しみすぎる。

+12

COMMENT

  1. うわぁぁぁぁ今回情報が多すぎて頭がパンクしてますw 
     まずはおしゃまライブデビューおめでとう!【お待たせしました~】のところで、またせやがってよぉ!っとしくしく泣いてました。イントロのぐるぐるカメラワークが好きです。
     作詞作曲のDECO*27さん、ボカロに詳しくない自分でもDECO*27さんの曲を何個か知ってたので、こんな凄い人がプリティーシリーズに関わったという事実に震えてます。どうやらいたずらカーニバルで初のプリティーシリーズ参戦らしいのですが、もうザ・おしゃまって感じの曲でしたね。プロだ、、、いやもしくは隠れプリチャンファンか、、
     中の人の影響なのか、少しHa Cha Me Cha テレパシーやTwin mirror♥compact味を感じました。

    ひかりちゃんめっちゃ面倒見いいですね(*´ω`)ツンデレなのも良き。ひかりちゃんおしゃまに介入か?とも思いましたが、さすがにまだ加わりませんでした。きっと四期で加わるんですね(洗脳済み)

    じじじじかいはddddっだだだだだいあちゃんんんん!昔のキャラを切らないプリティーシリーズ、、、ありがとう、、、デザインパレットをまだ大事に使ってる描写が細かいなーと感じました。くるか、、、MFF。またあの虹みらライブみたいのです公式様ーー

    • カメラワーク面白いですよねぇ。

      へぇ〜。DECO*27さん初参戦だったのかぁ。
      さらっとEDに名前があったから、以前から関わってたのかと思っちゃった。
      やっぱり中の人の声(特に澁谷さん)は特徴ありますよねぇ。

      みらいがひかりのことを面倒よく見てくれてたから、それを受け継いでるのかも。
      ツンデレなとこは、ひかり特有の個性だけど。
      ひかりはなんとなく演者というより「ひかりP」みたいな立ち位置になりそう。

      あのライブを再び見ることができるのか……。
      新年一発目に期待大!

  2. 私はぐるぐるするのにフレパスアナザーっぽさを感じましたね。
    真横になるのとかも面白い。

    自分からダンスの練習にちょうど良い場所を探したり、
    お菓子を自ら金庫にしまって見えなくしたり・・・。
    おしゃまの二人もバグッCHUのために本当に必死だったんだなぁと。
    ひかりちゃんが泣いてるところで私も泣きそうになりました。

    新年一発目・・・ウッ・・・うぅ・・・。
    なんで1月3日は放送無いんですか・・・。
    せっかく推しが帰ってくるのになんで二週間待たなきゃいけないんですか・・・うぅ。
    ライブはフレパスなのかキラッツなのかそれとも・・・。

    • そっか、ぐるぐる回る演出フレパスアナザーでもあったのか。

      いたずらして他人を困らせるばっかりのおしゃまの2人が
      思いやりの気持ちを持つことができるなんてねェ……。感無量ですわ。
      泣きながらやけ食いするシーンがあるアニメは大抵傑作!!!

      (笑)
      待ってる時間が長いほど、楽しみも倍増するはず!
      次回予告で思ったけど、やっぱりあの2人好きだわぁ…。

  3. イブに関してなのですが、天羽ジュネ、ジュリィ、ジャニス、ガァララと共通しているキーワードが「禁忌」だと思います。まあ、罪の重さは誰が一番重いかは難しいですが。

    • どんな禁忌をおかしたんだろうか。
      りんご食べちゃったのかな?

  4. 最後にルルナが突然いなくなったことについてですが、まさか92話のバーチャルだいあと似たような展開になるのでは......?

    • あぁーそういう展開もあるかもしれないですね。
      次週の流れに繋がらない終わり方でしたし、どうなるんだろ。

      • あと、白鳥アンジュさんなのですが、シーズン3が3クール目に突入しても、まだ再登場していませんね......。いったい、誰と似ているのかな?

  5. 2021年4月からの内容は当初から大幅に変更する予定らしいです。すると......?

    • クライマックスが変わるのかぁ。
      そうなってくると、当初展開される予定だったお話も気になりますねぇ。

  6. 4月から内容が変更ってどうするんだ クイーンズグランプリはテレビで放送するのか?

    • ネットの情報に疎いので、変更のことはよくわからないんですけど
      視聴者視点では内容が変わってたとしても、
      気づかないんじゃないかな、と。そういうレベルの変更?
      放送話数が減るとかではなさそう。
      いや、わかんないけど。

      作り手側が予定してた着地点を、今の社会情勢に合わせたものにする。
      みたいなことかもしれません。
      知らんけど。