キラッとプリ☆チャン【128話感想】「アリスを守れ!サンシャインサーカスエリアの奇跡!」

+12

サンシャインサーカスエリアで見事プリンセスになったアリス。そんなエリアではアリスのお店で料理が振る舞われ、お祝いムード一色に。

ライブや配信をしたことで、こんなにも笑顔がたくさんあふれることを実感し自信をもてるようになったようです。

アリスのお店で振る舞われていた料理は、「プレッツェル」と「ヴァイスブルスト」がセットになったドイツの料理。プレッツェルは焼き菓子で、ヴァイスブルストはソーセージ。どちらもドイツの伝統的な料理らしく、よく一緒に提供されるんだそう(wiki情報)。最初、初耳の単語すぎて何言ってるのかわからなかった。

窃盗の罪を犯したパン職人が、一つのパンから太陽を一つの角度から3度見ることができれば牢獄に入らなくても良いと領主に言われ、生地をプレッツェルの形にねじり上げて焼き上げたという伝承が…

https://ja.wikipedia.org/wiki/プレッツェル

「太陽」という単語が出てくるのが興味深い。偶然の一致か、はたまた。

スペシャルライブとして披露することになった、アリスのライブの舞台裏。あのとき現れた真っ白な人物は、「ソルル」なんじゃないかと本人に直接尋ねるアリス。小さい頃に助けてくれたあの人も、ソルルだったんじゃないか、と。

当のソルルはよく覚えていないらしく、

ソルル
ソルル

「出来事全部が、夢の中で起こったことのように思えて」

と返答。そんなソルルのことを深く追求することもなく、アリスは「今はプリチャンの時間」と気持ちを切り替えるのでした。やっぱりいい子。

ソルル
ソルル

「僕の知らない僕自身がいる?」

アリスの言葉を思い返していたソルルの後ろに、鬼の形相をして立ちすくむルルナの姿が現れこう投げかけます。

ルルナ
ルルナ

「アリスに、あの子にライブをさせてはダメ」

ルルナ
ルルナ

「あの子のライブは、幸せじゃない結果をもたらすことになるわ」

全てを知ってる、「過去」も「未来」も全て。

今のままではきっと良くないことが起きる。

そうならないようにこれまで苦労を重ねてきたのに、あなたが邪魔をする。記憶が戻っていないとはいえ、あなたはあなたのままね、ソルル。

結局、忠告を受け入れなかったソルルに対して、アリスのライブを止めるという実力行使にでたルルナ。プリたまGOの中に原因があると判断し、飛び込んでいった先には不気味な森が。

その場所に囚われていたのはアリスのライブ。のモニター。

ルルナ
ルルナ

「あの子のライブが、あなたの記憶を呼び覚ます」

ソルル
ソルル

「僕はただ、アリスが笑顔じゃなきゃ嫌なんだ!!!」

ルルナの策略を止めることに成功したソルルは、アリスを応援するためアイドル姿となり、自身でライブを披露。うんうん、アリスのライブを守るためには自分でライブをして守るしかないよね。うんうん、ん…え?

ソルル
ソルル

「笑顔あふれる最高のライブを、プリンセス」

アリス
アリス

「ありがとう私のナイト様!」

イチャイチャ。

途中で中断してしまったアリスのライブも再開。中断をするのも珍しいけど、サビから再開するというのもなかなか珍しい。

ソルルの妨害に遭い意気消沈しているルルナ。かと思いましたが、

ルルナ
ルルナ

「焦る必要はない、計画は問題なく進行している」

とつぶやき、ひっそりその場を去っていくルルナなのでした。


中断したアリスのライブが始まるかと思いきや、まさかのソルルのライブが始まってびっくり。というか、突然すぎて笑ってしまった(笑)

「誓っていい、どんな時だって君を守り抜こう」という歌詞からもわかるように、アリスへ捧げる歌になってますね。「永遠にあなたのために歌う」って英語で言ってるし。

曲の雰囲気とステージがあんまりあってなかった気がしたけど、そこまで力入れるのは流石に難しいか。

アリスのライブが前半で止まって、再開した時はサビから始まってたけど、こういうバンクシーンに変化を加えるのっていいよね。『プリパラ』のガァルルのライブとかもそういう演出してたし。

ルルナの口ぶりからすると、

『アリスのライブが、問題を引き起こす』というより、

『アリスのライブが触媒となって、ソルルの記憶が蘇り、問題が発生する』という表現の方が合ってるのかな?

ソルルの記憶が戻ることでどんな問題が起きるんだろ?「幸せじゃない結果」ってなんだ?ルルナの言う「計画」ってなんだ?うーん、謎だ。

太陽は自分で輝くことができるけど、月は太陽の光を反射することでしか輝くことができない。みたいな「太陽」と「月」に例えてコンプレックスを表現することってよくあるけど、それに近いものがアリスとイブにあったり?

本人たちは自覚ないけど、ルルナはそれに気づいててアリスが輝いてしまうとイブが目立たなくなってしまう、的な?まぁでもその理屈で言うと、アリスの輝きでイブも輝くことになるから矛盾してるか。

来週はついに、本丸「カガヤキコーポレーション」に潜入!アリスとイブがどんな会話をするのか楽しみ。

OPも新しくなるっぽいし、お話は進展してきてるしでワクワクが止まらない。

+12

COMMENT

  1. 次のOPにはだいあちゃん達いますかねぇ。
    アンジュさんにもそろそろ会いたい。

    ソルルがライブするフラグ立ってなかったのでビックリしましたね。
    キラッとプリチャンランドじゃなかったということは、
    やっぱりソルルとルルナは普通のマスコットじゃない独立した存在なんですかね?
    昔からいたし実体あるしそりゃそうなんですが・・・。

    曲名は“デスペルタル デル ソル”と読むらしいです。
    意味は『目覚めの太陽』らしいですが・・・。

    ついにキラッツとイブが出会いますね!(延期無くても半年会ってなかった
    アリスちゃんは勝手についてきたのかそれとも・・・?
    ソルルの総評が『綺麗な(というか純粋な?)ひびきさん』になってしまったのよくない()

    • OPにだいあの2人とアンジュさん登場したら、めちゃくちゃテンション上がりますね!

      実体があるというのが謎ですよねぇ。
      もしかしたらソルルとルルナが全てのマスコットの親となる存在で、マスコットたちはソルルたちの似姿として複製された存在。というSF展開もあったりなかったり。なかったり。

      『目覚めの太陽』か…
      ソルルのことを表しているのか、アリスのことなのか。

      そっか、キラッツはイブとまだ出会ってなかったのか。メルティックやアリス以外だとラビリィくらい?
      記憶が戻ったら、顔芸するような性格に変わるかも。

      • ずっと聞いてたら重い曲のような気がしてきました()
        『永遠に君の為に歌う』もそうなんですけど、
        『永遠に君の為の時間』とか、『望み以上の永遠をあげる』とか、
        自己犠牲過ぎてひっくり返りますね(?)
        永遠が連呼されてますし、それくらい重要なんでしょうか。

        マスコットではない独立した存在とは言ったものの、
        ステージもやってみたもブランドもマスコットのですし、
        違うところが中間形態がないことと実体があることしかないんですよね。
        今後の展開が本格的に楽しみになってきました。

        あのステージ、よく見るとルルナのリボンっぽいものがあるので
        ソルルナの共通ステージとかそんな感じなんですかね?
        ルルナの曲も楽しみです。

        • メロディが暗いですよね。
          現実の世界だと永遠に身体を維持することはできない。
          でも、バーチャルだったら永遠の身体を実現できる。
          実はアリスとイブは生まれた時から病弱で…とか?

          『目覚めたら世界は変わるって、だから言ったのに』
          の歌詞で、”のに”ってついてるのが引っかかるんですよねー。
          「言った”でしょ”」って言う方が自然な気がします。
          どちらかというと、ルルナのセリフのようにも思える。

          そっか、中間形態ないのかぁ。
          ステージ共通かもしれないですねぇ.

  2. アリスにライブをやらせてはいけないというと、『プリリズ・レインボーライブ』の天羽ジュネに思わせる点があります。プリズムの使者がプリズムショーを行うと煌めきが失われるという禁忌がありますので、それのオマージュなのかな?

    • 鶴の恩返しなどの昔話でお馴染みの、『見るなのタブー』の『やるなのタブー』バージョンですかね。

      見るなと言われたら見ちゃうし、やるなと言われたらやっちゃうし。

      • アリスの場合、ジュネよりも危険なこと、具体的にはプリチャンを破滅に導く......ということなのかな?なお、これ以前にもこのような展開は前例があって、『セーラームーン』のシリーズを通しての主人公に関する重大アイテムがこれにあたります。

        • 『セーラームーン』といえば、白猫・黒猫が出てくるとこも似てますね。
          ウサギのマスコットであるラビリィがイブと出会ったのも、月の力に導かれたからかなぁ。そういや『カードキャプターさくら』も月(ユエ)出てきたなぁ。

  3. 物語が動き始めましたね。ソルルナの接触、アリイブがプリチャンの楽しさを知っていく、恐ろしいことが起こりそうで怖い、、、すんげー適当な考察ですが、ソルルナは夫婦かな~とか思ってます。(過去or前世or未来or現在進行形)ルルナが計画とか言ってたのはなんだったのか。。。

    プレッツェルにそんな意味があるんですね。プレッツェルなんて変な形のパンにしか思ってませんでしたw 変な形だしキラッCHU作るの得意そう((

    ソルルの新曲イントロで好きになりました、、ピアノすぎょい!(^^)! 個人的にはステージがもっとかっこよかったらなと思いました。ヒロインズドラマのステージとか

    次回!職業見学!皆の、皆の私服がかわっているぅぅぅ(*^o^*)なにげにイブとキラッツの接触初めてですかね?

    • ソルルとルルナが夫婦かぁ。ということは今、夫婦ゲンカにみんなが巻き込まれているということに。
      「アリスとイブの両親(ある意味では夫婦)」という説が、今個人的に熱いんですけどもうちょっと情報が欲しいところ。

      特に意識することないから、変な形のパンくらいの認識になりますよね(笑)諸説あるそうですけど。

      ホントだ!音楽知識全然ないから適当なこと言うけど、ピアノが冒頭でいい仕事してますねぇ。管楽器もよく聞こえる。

      聞いていくうちに、なんだか悲しい曲に聞こえてきた。
      ステージの見た目が抑え目なのは、今後ステージが変化するときのために敢えてなのかも。

      イブの私服かわいい!

  4. 次回、第129話の放送は本来、10月4日の予定でした。実はこの日は『新世紀エヴァンゲリオン』の放送開始日なのです。すると......まさか、そんなわけはないですよね。あと、他にもアニメ映画『君の名は。』に関係ある日でもあるのです。

    • 本来の予定と結構ずれてますねぇ。
      まぁこれだけアニメあったら、何かしら被ってくるかなぁ。