キラッとプリ☆チャン【126話感想】「アリス!笑顔のソロデビュー!」

8+

プリチャンデビューを宣言したことで、しばらく移動販売のお仕事も休止。両親に自分がここにいることを知ってもらうため、張り切るアリスなのでした。

せっかくだからアリスのデビューを番組にしようということで緊急特別合同チャンネルを配信。ライブで必要なもの、それは曲。ということで、作曲に挑戦してみるアリス。以前「マスコッツ」に曲のアドバイスをしていたので、曲作りは得意なのかと思いましたが結構苦戦。最近のアーティストはシンガーソングライター(作詞、作曲を自ら行う)が多い、みたいな話を最近テレビで聞いたけどプリチャンでも例外ではないようです。「歌って」「踊れて」「作曲できて」「作詞できて」「かわいい(ここ重要)」アイドルとか最強すぎ。

なんでもいいから、とにかく思いついたものを書いてみよう。そう言われ発表した歌詞がこちら。

アリス
アリス

「ステーキ、フィッシュアンドチップス、フォー、ボルシチ、小籠包、ケバブ、パクチー…」

こんな感じで世界各地の料理を歌詞に盛り込んだ、その名も「世界のご飯全部のせ」。

サーカス団で世界をあちこち周ってきたアリスらしい歌詞ではある。ネタっぽいけど、アリな気がする。みらいたちも、この歌詞がアリスの伝いたいことならいいのではと後押ししますが、アリス本人は自分が本当に伝えたいことがなんなのかわからないみたい。

アリス
アリス

「パラポロピレポレ」

みんなのアドバイスに頭がパンクしてしまいベンチで休んでいると、白髪の人物が登場。歌詞が思いつかず悩んでいることを打ち明けると、「大丈夫、君ならできる」と励まされるアリス。そして、彼or彼女が差し出してきたプリたまGOにはアリスがお世話になったサーカス団の団長からのメッセージが。

アリスがお客さんを笑顔にしてくれたように、これから日本に行って笑顔を届けたい。そんな団長の言葉を聞いて、アリスは自分が歌詞に込めたい思いが湧き上がってくるのでした。

アリス
アリス

「わかったよ、私の伝えたい自分の気持ちが!」

アリスの想いを聞き、白髪の人物はアリスをお姫様抱っこしてキラ宿の中心地まで連れて行って姿を消します。

キラ宿に戻ると、そこにはサーカス団のみんなが。ん?さっきのビデオメッセージ届けるの遅くない?もっと早く届けてもよくない?と思ったけど、まぁあれかな、アリスが悩んだ時に見せようと思ったのかな。

歌詞も完成し(いつの間にか)ライブのステージもサーカス団のみんなが用意してくれて準備万端。唯一持っていなかったプリたまGOもめが兄ぃから受け取り、ついにアリスもライブデビュー!

ライブ衣装は、【FunFunTrunk】の「ワンダーサーカスコーデ」曲名は「sunshine smiles

南国風の曲?で今までのプリチャンとは違った雰囲気の曲。というかプリチャンの曲自体、毎回個性豊かな曲ではあるのか。

ダンスはサーカス経験があるからか、アクロバティックなダンスが多め。側転スゲェ!。「やってみた」では、玉乗りやジャグリング、綱渡りとサーカスの演目を披露してて画面がとっても賑やか。

後半の左右の指をほっぺにつけて「サンシャインスマイル」するとこ可愛すぎ!!!ダイヤモンドスマイルのOPのニッコニコの笑顔を彷彿とさせる。「みーつけたよ」でカメラ構えるポーズもアリスらしさが出ててよい。

ドレスについてる象とライオンのぬいぐるみもかわいい。こういうアイテムつけてるアイドル今までいなかったかも。

ライブを見ていたイブはアリスのライブを歓迎しますが、ルルナの方はというと歯をギリギリと食いしばる始末。一体、何があったんや…。

ライブが終わり、改めてデビューを祝う一同。「笑顔」という歌詞がアリスらしくてよく、心に響いた、とみらい。「サンシャインサーカスエリア」で新たにプリンセスカップが開催されるとの発表もあり、ますます盛り上がりを見せるプリンセスカップ。

深夜、白髪の人物のことを思い出していたアリスは、フッと10年前のある出来事を思い出します。それは、空中ブランコの練習をしていた時のこと。うっかり手を滑らして落ちそうになったアリスを助けてくれたのが、あの白髪の人物。

咄嗟に大声を出して、ソルルを起こしてしまうアリスは今日のライブを思い出しこう囁きます。

アリス
アリス

「今日のライブ、お父さんとお母さん見てくれたかな」


アリスのライブデビュー回だーーーヤッタァー!\(`∇\)衣装も曲もかわえかった〜。

3期に入ってなかなかスポットがあたらなかったアリスですが、今回ようやくガッツリお話に登場。歌詞作りで百面相するアリスが見られたり、白髪の人物にときめくアリスが見られたりと、アリスが今まで見せてこなかった魅力が溢れる回で満足満足。

どんな歌詞がいいか、どんなことを伝えたらいいかと悩んでいたアリス。自身を振り返り、たどり着いた答え、それは「笑顔」。

世界を周っていた時も、風景ではなく、そこに住む人々の一瞬の笑顔をカメラに収めていた。以前もそんな話をアリスが話していましたが、アリスにとっては「笑顔」と言うのはなくてはならない存在のようです。対になるイブは、もしかしたら「笑顔」と反対の言葉がキーになってたり?

白髪の人物がプリたまGOを持ってたけど、あれ自分のなのかな?10年前からアリスの側にいたみたいだけど、ということはソルルもイブの側にずっといたということかな。イブはルルナの人間体の姿を知っているんだろうか。

そういえば、あんながアリスのこと

あんな
あんな

「ペペロンチーノさん」

って毎回言ってたの面白かった。自分で言ってて笑わないんだろうか。苗字だから笑っちゃいけないか。

8+

COMMENT

  1. アリスちゃんのデビューライブかわいい~(まりあ感)曲調が色んな国っぽくてめっちゃいい。プリリズ味を感じたのは私だけでしょうか? ぬいぐるみを付けているコーデプリパラにはありますよ!(スーパーサイリウムノンシュガーコーデ)
    アリぺぺのライブ、イブは楽しんでたからやはりイブは記憶なしですかね。ルルナは鬼の形相でにらんでましたが(笑)最初ルルナはソルルだけを恨んでたと思いましたが、アリスも憎いのか、、、ただの同担拒否(イブ推しのルルナ)か、、、
     次回はプリンセスカップ!サブタイだけで優勝者が分かってしまうようn((ゴホンゴホン 
    前にあったちゃおの付録での情報で残るエリアがムーンライトなんとかエリアだったのですが、やはりそこはイブですかね?一応筐体の方も6弾までなので隠れエリア!とかはなさそうですし。(4弾はアリス、5弾はイブ、6弾は決勝戦?)、、、ハッおしゃま、、、運営さんおしゃま弾はいつですかぁぁぁ!ゆいちゃんみたいにちょろっとライブでもいいけど、やっぱイルミナージュコーデ着たおしゃまみたいよぉぉ(願望)まぁ四期でおしゃひかりックス主人公でもいいですよ(←お前誰だよ)

    • ホントだ、ぬいぐるみコーデあったんですね〜かわいい。にしても名前なげえ。

      イブは記憶がないのか、元々事情を知らないのか。
      アリスのライブくらいは微笑ましく見守って欲しかったですけど、それほどまでにソルルのことをルルナは恨んでいるのだろうか。(同担拒否って言葉があるの初めて知った)

      ムーンライトなんとかエリアて名前なのか。ますますセー○ームーン味が増してくる。
      「おしゃひかりックス」派かぁ〜、個人的には「妹山リックス」派!

      • 同担拒否だと分かりにくかったかもしれません(汗)ゴメンナサイ ルルナはこう〔イブを笑顔にするのは私だけで良いのよ!〕みたいな感じかなぁと思いました。
         最初はネタっぽく言ったのですが、二期でだいあちゃんが〔だいあを幸せにするのはだいあだけでいいんだもん、、〕という嫉妬からバグだいあになってしまったので、ルルナもそれに近そうですね(._.)

        • 前作の『アイドルタイムプリパラ』のパックも、ガァララに対して独占欲を持ってましたね。
          ルルナがそういう嫉妬心をもってるんだとしたら、個人的にはありがたい(人´∀`)

  2. もう足上げが普通になってきた感じしますね(CGだと結構難しいはず)
    足上げと側転でチームライブ時のふわりっぽさを感じましたね・・・。
    世界のダンス(フラダンスとかフラメンコとか)を取り入れてて良かったです。
    それはともかくみ~つけたよ~♪のとこすっごい好きです。

    今のアリイブの状況を整理すると、
    アリス、イブ:何も知らない ソルル:昔の記憶を失っている 
    ルルナ:昔のことやアリイブの関係など全て知っている(仮)
    って感じですかね。終盤どう畳み掛けてくるか。

    ちなみに同担拒否っていうのはわかりやすく言えば
    だいあはみらいちゃん推しだけど同じみらいちゃん推しの人は嫌いという意味です。
    だいあとだいあ早く帰ってこないかな(定期)

    • 足上げのCG大変そうですよね。Mon chouchouっぽさは感じた。
      CGの強みを存分に活かしてますね、これだけ動いてくれると。

      フラダンスとフラメンコっぽい動きありましたよ〜。おそらく。
      波の動きとか、オ・レ!みたいな動きとか。たぶん。いやわかんない。

      「み〜つけたよ〜」好き同意。無邪気な感じでかわいい!

      ルルナ視点のお話があるまでは、真相がなかなか掴めないでしょうねー。
      2期はだいあ視点があったから、双方の立場が把握できてましたけど。
      あぁでも、虹ノ咲さんの正体は最初よくわからなかったか。

      そういう意味なのか、同担拒否…。
      なぜだ…同じ人を好きなもの同士、仲良くすればいいのに…。複雑だ。

      2人のだいあ、早く戻ってきますように(-人-)パンパン

  3. イブのことについてなのですが、仮に旧約聖書に登場する同名の女性の名前から由来しているとするならば、「創造主」に見えなくもないですか?歴代シリーズを見ると、「卵」に関係しているキャラクターは、『プリリズ・レインボーライブ』のペアとも、『アイドルタイムプリパラ』のスカウトマスコットがいます。

    • 一応プリチャンランドの創造主ではありますね。
      厳密に言うと、作ったのは両親だと思いますけど。

      • 他にも言いたいことがあります。イブのことはあんなたちを除いて、作中の展開を見る限りそれまで誰も知らなかったのでは?と思います。そうすると、アンジュさんも本編でイブの姿を見たとき、とても驚愕すると思います。

        • そっくりな見た目であるという疑問については、
          アリス、イブの両方を知ってるはずのメルティックからは特に言及がありませんね。

          詳しく事情を知らないのであれば、
          あんな「そう言われてみれば、お二人の容姿は似てるかもしれませんわね」
          みたいに、後から気づくという流れがあるかも。

  4. 初めまして!ネットサーフィンしてたら偶然このサイトを見つけました。とても読みやすくイラストも可愛くて最高です!!!
    普段妹と見ているのですが、妹曰くアリスとイブの両親がルルナ、ソルル説提唱してたんですがどうなんでしょうか…
    ここ最近毎回op.edいつ変わるかワクワクで期待して見ちゃいます。キラリスト・ジュエリストとBrand New Girlsの集大成感が凄すぎたので少し不安もありますが。
    もし推しがいましたら教えてくれると嬉しいです。これから毎週更新楽しみにしてます!

    • アリガト\(^^\)

      ルルナとソルルが両親!?思ってもみなかったからビックリ。
      うぁー、なくはないかもしれないですね。そんな発想自分だったら一ミリもしなかった、妹さんスゴイ…。(いや、本当にあり得るかも)

      2期は特に好きなシーズンで、OPが本当に大好きです。
      来週か再来週には新しいOPかな?きっと素敵なOPになると思いますよ!

      推し、というのかわかりませんが、「める」と「虹ノ咲さん」は好きなキャラです。

      • めっちゃ分かります!!!私もリアルタイムで見始めたのが2期からで、やっぱり虹ノ咲さん好きになっちゃいますよね。(深読みかも知れませんがだいあではなくて虹ノ咲って書いてある辺り愛を感じました笑)憧れのアイドル達に向けて一歩踏み出そうと頑張ってる姿がもうなんとも。ちょっと誘い方失敗してでも仲間達が迎えてくれる感じの温もりも好きだったな…
        後今日のプリンセスカップ見てた時edで17歳の子の塗り絵が出ててあれ?私も応募したらいけるんじゃ?っていう謎の自信が溢れてきたり。

        • “だいあ”だけだと、どっちのだいあのことを言っているのか判別しづらいのもありますけどね(笑)
          自分の名前に自信を持つことできなかったからこそ、”だいあ”って呼んであげた方がいいとは思うんですけど、自分の中では虹ノ咲さんは虹ノ咲さんですねー。

          虹ノ咲さんの「影の主人公」感がとても好きです。
          あと、新しく登場するキャラクターって結構、既存キャラクターよりも変に持ち上げられがちだったり、性能が上なことってあったりするじゃないですか。
          でも、虹ノ咲さんの場合は過大に評価されることなく、過小に評価されることもなく、虹ノ咲さんの”そのまま”で周りが接してくれていたところもすごく良かったなと。

          「やってみなくちゃわからない、わからなかったらやってみよう!」(受け売り)