キラッとプリ☆チャン【124話感想】「ご主人様大ピンチ!?GO!GO!マスコッツだッチュ!」

8+

イルミナージュコーデを手にしたアイドルたちが出場するスーパーアイドルフェスティバル。大会の開催を待ち望む大勢のファンが集まる中、裏方ではある重大な問題が発生。それは、キラッツ、メルティック、リングマリィの3組がトラブルに見舞われ、時間内に会場に到着しない可能性が出てきたということ。

リングマリィは渋滞に巻き込まれたということでよくある理由でしたが、他2チームはなかなか特殊な事情。

キラッツはみらいの家の前に羊とヤギが移送する車から逃げ出して身動きが取れなくなってしまい、メルティックは南極の犬ぞり最中に吹雪に遭い動けなくなってしまったとのこと。以前も動物が逃げ出してメルティックが動けなくなったことあったような。そういえば前回みらいの家の裏口からおしゃまが入ってきたことあった気がするけど、そっち側から出ればいいんじゃとか、そんな野暮なことは言わない。

大きなフェス直前に南極にいるメルティックはスケジュール調整合ってるのかとか思ったりするけど、まぁ結果的にジェット機に乗って戻ってきてたから問題なかったのかな。

ご主人様たちが戻って来れないということで残念だけどフェスは中止。というわけにはいかず、めが兄ぃ曰くこのままではファンの「がっかりポイント」が急上昇しアイドルとしての人気がガタ落ちし、最悪プリチャンを追放される可能性もあると言われてしまいます。

フェスが1回できないくらいで今まで積み上げてきた信頼が崩れるとは思いませんけど、意外とこういうご時世だからあっさり飽きられて他のアイドルに鞍替えされてしまったりするのかも。まぁおそらくキラッCHUたちにこの困難を乗り切ってもらうために、めが兄ぃがハッタリをかましたんでしょうね。下手したら今回のトラブルもめが兄ぃが仕組んだ可能性もあるし。あの人ならやりかねない。

戻ってくるまでの時間を稼ぐため、キラッCHUたちで案を出し合うことに。隠し芸、組体操、風船卓球トーナメントと、どれもライブとは程遠いアイデアで提案は却下。助け舟として現れたアリスからやってみたいことはないかと聞かれ、「3人でライブがしたい」と答えるキラッCHU。

そこへ登場したのが通称「偉い人」。この前迷惑をかけたお詫びに、キラッCHUたちをアイドル姿へと変身させてくれるのでした。高圧的に見えますが、結構優しいとこありますよね偉いひと。帰り際に「( #°᷄ ᐞ °᷅ )ギロッ!!!」ってソルルのことを睨んだことを除いて。

ソルルが寝ている時に、物陰からこっそり覗く白い姿のアイドルが登場。前回も寝ている時に現れたから、無意識下でソルルが人間体になっているのかな?記憶を失っていることと何かしら関係がありそう。

アリスとソルルのサポートもあって、新曲が完成。アリスからもらったグループのバッジと、アリスが名付けてくれたグループ名「GOGOマスコッツ」という名前とともに会場へと向かうマスコッツ。

ライブの意気込みを言うシーンのキラッCHUたちの作画が結構独特だった。プリチャンで作画監督?原画?の人を意識することって全然ないけど、シーンの中で一瞬だけ違う作画になるときは結構目立ちますね。他の朝アニメとかだと話数ごとだったりパートごとで作画の印象が全然違ったりしますけど、プリチャンってほとんど一緒に見えるんですよね(いい意味で)。まぁ自分の目が悪いのもあると思うけど。プリパラの時も絵が統一されてた気がするからタツノコがそういう方針だったりするのかなぁ。

ライブ前にマスコッツたちの前に再び現れた白いアイドル。バッジに何やら魔法をかけて去って行きました。そのおかげで新コーデをゲット。

マスコッツのライブが終わったタイミングで、みらいたちも会場に到着。新コーデを不思議な人からもらったということを伝えている最中、ソルルがいないことに気づくアリス。その後ろで見守る白いアイドル。そして、その様子をモニターで発見し、歯を食いしばるルルナ。一体過去に何があったというのか…。


ご主人様のピンチにマスコットたちが奮闘。グループを結成して、見事ピンチを切り抜けたそんな124話。

ライブ前、緊張するメルパンとラビリィを「キラッCHUスマイル」で元気づけるキラッCHUの姿がみらいと重なった。普段はそこまで中心ではないけど、いざというときはみんなをまとめ上げてくれる頼りになる存在にキラッCHUもなれてるのかも。

新曲はキラッCHUたちらしい、可愛らしい曲。サビで名前をたたみかけるところが、耳に残って気持ちいい。ご主人様に向けている歌詞で、ご主人様に一つ一つ約束を宣誓していく、そんな歌。タイトルもそのまま「おやくそくセンセーション」

一つハートで歌う。一つダンスは楽しく。一つ自分の笑顔は大切に。一つ友達の笑顔を宝物に。

合宿所で教わったこともこの中に入ってたりしそう。友達の笑顔を宝物にってとこ、いいね!

メルパン
メルパン

「パンカパカンほらパンカパカン!」

ここのメルパンが手を胸の方に振り上げて行進してるとこ、ちょっとバカっぽくてかわいい(笑)いやぁ、メルパンの声好きだぁ…。

こんなに超絶可愛くて献身的にサポートしてくれるマスコットがいてくれるみらいたちは幸せもんですね。

白いアイドルが動き出したということで色々と進展がありそうだったけど、まだまだ謎は謎のまま。ちょとだけ発した声がハスキーボイスだった。

来週は家族関連のお話。多分アリスの家族の話が出てくるはず。

8+

COMMENT

  1. 解釈違い起こさなかったのでセーフ!!
    やっぱりプリチャンは圧倒的信頼ですね・・・。

    ソルルナに何があったんでしょうね・・・。
    あの白髪の子はソルル確定なんですけど、
    長髪のイケメンって感じのデザインな気がします。

    今日色々発表があったんですが、アリスちゃんとイブ、双子で確定です。
    あとアリスちゃんがナチュラルタイプのアイドルってことに驚きました。
    ってことはイブはセレブタイプですかね?
    どっちにしろ今後が楽しみです。

    • それはよかった(‘v`b)マスコットのスタンスとしては今まで通りですよね。解釈一致!

      猫の状態だと記憶がないようですけど、アイドル状態?だと何かしらの意思が働いてそうではある。
      ソルルのせいでイブがひどい目にあって、それをルルナが恨んでるとかそういう設定ありそう。

      双子確定かぁ、大方の予想通りではありますね。
      アリス自体がそこまで掘り下げられてないキャラだから、今後はイメージ変わるかも。

      • アリイブの誕生日、いいたまごの日らしいです!
        たまごは今期のキーワードなので3期を象徴する二人にはピッタリだと思います。

        今のOPの『目覚めさせる~』のところで
        アリスちゃんがピースしてイブが人差し指を立てるのって、
        イブが姉(1)でアリスちゃんが妹(2)ってことなんですかね?
        あと12月からOPが変わるらしいのでそれも楽しみです。

        • いいたまごの日かー、ピッタリ!

          そのシーンあんまり意識したことなかったけど、
          双子とわかったら、確かに意味深な意味を含んでそう。
          意外とヒントが色々と隠されてるかもしれないですね〜。

  2. 今回もマスコット達がかわいい、、、アリスちゃんがギターめっちゃうまいのが驚きました。もしかするとさらちゃんよりうまいんじゃないk(( 絶対音感とかありそうですね~
     新曲めっちゃ好みです!ダンスとか曲調バラバラなのに統一感があってマスコット達の個性がでた可愛い曲でもう愛おしい。【だけども笑顔を忘れない~】の所がラップっぽくて好きです♪サビが少しシュガーレスフレンド味がありますね。
     ルルナはソルルを憎んでるんですかね?アリスとイブが双子でソルルがアリスを誘拐したとか考えてます。
     

    • 作曲してたのすごいですよね、多才だ。

      【だけども〜】のとこ確かにラップっぽい(^○^)なんか聞いてて首を振りたくなる曲。転調、というかちょっとリズムをズラしてるとこ3人の個性溢れててよき。ダンスもほんとバラバラだ。
      シュガーレスフレンド味わかりる!

      あー誘拐かぁ、考えたことなかった。可能性アリ。
      ただそれだとアリスのことをルルナが大事に思ってるはずだけど、あまりアリスに対して関心はなさそうなルルナ。

      • しばらく考えた考察です↓

         アリイブは双子でソルルナはそのお世話係(親はカガポーの社長) アリスはいろいろな事情でソルルと共に捨てられた(跡継ぎが一人だけ欲しかった、アリスがイブより優れてなかったなど)ソルルと共に捨てられた理由はルルナに【ソルルがアリスを連れ去った】と噓を伝える為。ソルルの記憶は消去。
         その後プリランで再開。ルルナはアリスのことをそんなに思ってなかった(アリスが生まれたばっかに捨てたからから情がない)&今プリランが忙しいからそのことを伝えるのを一旦まつ。←イマココ 
         みたいな感じです!矛盾や文章がおかしい部分もありますが足りない頭で精一杯考えました。あと、ならルルナの記憶を消せば良いという点は、イブをこれまでとうりお世話してほしいから消去しなかったんだと思いまとす。でもルルナがソルルを憎む理由はワカラナイヨー(唐突なめるめる)
        まじ文章おかしくてすみません(汗)この考えをだれかに伝えたかっただけなのでスルーしてもいいです(‘ω’)ノ

        • 『貴種流離譚』という物語のジャンルがあって、
          wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/貴種流離譚)によると、

          『忌子として捨てられた双子の弟』
          『王位継承を望まれない(あるいはできない)王子』

          が箱やカゴに入れられて川に捨てられるけど、最終的には成長を遂げて戻ってくる、という感じのお話で、もしかしたらそれに近いかもしれないですね。

          ソルルに対して誤解が生じているというのは結構核心ついてそう!!!
          ただ、悪意のある人間がルルナに嘘を吹き込んでいるというのはなさそう。(プリチャンの世界観的に)
          どちらかというとボタンのかけ違いが起きて、今の状況になったんじゃないかなぁ。

          でも、「茶釜松らいあ」というキャラクターの前例があるから、”嘘”というのは今シリーズの重要なキーワードになってるのかも。

          いやぁ、色々と妄想が膨らんできて楽しい(*´ω`*)ありがと!

  3. アリスとイブの誕生日、同じ日になりましたね......。それにしても、11月5日という日付にどういう意味があるのだろう?(『プリパラ』のドロシー・ウェストとレオナ・ウェストなら2月5日、つまり語呂合わせで「双子の日」ということなのでまだわかるのですが。)

    • 11の1と1を足して2で双子(2月5日)
      にはなるけど、わかんないですねぇ。

      • 関係ない奴が失礼します。
         誕生花や誕生石調べてみたんですが、結びつくものがあんまありません。強いて言えばマツバボタンの『無邪気』『可憐』。アリスが無邪気でイブが可憐とか、、?
        あと誕生石がキャッツアイというものらしいです。お互いのマスコットが猫&目が一緒だからなどと考えましたが無理やり感がありますね。ちなみにその日はいいりんごの日です()

        • いいりんごの日www

          と笑ってみるけど、【イブ】という名前から「禁断の果実」を連想することもできるから、なくはないかも。

  4. プリティーシリーズのメインキャラクターで、誕生日が同じなのは上記のドロシーやレオナのほかに、『プリリズ・オーロラドリーム』の春音あいらと天宮りずむ(9月3日)、『アイドルタイムプリパラ』のファララ・ア・ラームとガァララ・ス・リープ(6月10日)がいます。同作で誕生日が同じキャラクターが2人登場するということはやはり......?

    • あいら双子だったんだ。
      双子がよく登場するのって、同じモデルを使いまわs…

      いやぁ、やっぱ双子って魅力的ですよねー!神秘的というか。

      • 私も横から失礼します。
        私の記憶が正しければ、あいらちゃんとりずむちゃんは誕生日がたまたま同じなだけで双子ではありません。
        それだけです!

        • いえいえ、わざわざ訂正ありがとうございます<(_ _)>

          特に調べずにコメントしたのでなんとなく違うだろうなぁとは思ってましたけど、軽率な返しでしたね。(・ω<) テヘペロ

  5. あと先ほどは返信だったので言えませんでしたがゴーゴーマスコッツと声優さんが同じノンシュガーも4年前のこの日が結成記念日なのですよ。すごい偶然ですね。(このようになった事情が事情なので少し複雑ですが。)

    • おお!すごい偶然。運命感じますねー。
      確かに複雑ですけど、これはこれでおめでたい。

  6. キラッchuがプリたまGOみらいちゃんから借りてたけどなぜ右上のアイコンみらいになってるんだろ?
    前回見返したら、ひかりも「そうなんだ」使ってた 桃山家の風習なのかな?

    • あー、そういうことか!ようやく理解。
      キラッCHUの持ってるプリたまGOはみらいのプリたまGOだから、
      通話がかかってきた時に自分自身(みらい)のアイコンが出るのはおかしいのか。
      えもorりんかからプリたまGOを借りてみらいが通話してきてるんだったら、
      2人(えも・りんか)のうちのどちらかのアイコンじゃなきゃいけないということですね。
      いやぁ、よく気づきましたね(笑)

      ん?「そうなんだ」?
      へ〜そうなんだ。

  7. いつもプリチャン感想楽しく見ています。
    記憶を無くす前のソルルは今と変わらずとてもマイペース性分っだったと仮定すると
    ルルナも悪い人じゃないけど真面目かつ自分の思いを伝えるのがかなり苦手そうなので
    そこからえもちゃん、あんなちゃんの喧嘩した時みたいな行き違いがこじれて例えば
    システムエラーが原因でアリスの生き別れやイブが天然になったきっかけ?
    等様々な事件が起こってルルナはそれを繰り返したくないがためにソルルに敵意を
    向けるようになったんじゃないかと想像しています。

    • (*・∀・)ノ ‘`

      ・相談できなくて1人で抱え込んじゃったアンジュさん
      ・内なる得体の知れない感情を抑えつけて、最終的に溢れ出てしまっただいあ

      思い返すと、どれも他者との「意思の疎通」がうまくいかなくて大ごとになっちゃってるパターンな気がします。今回もそんな感じかな?

      システムエラーといえば、『衛生落下事件』が関係してたりしそう。
      ランド内にバグが発生しているのも、事件の後遺症だったり。
      ソルルが記憶を無くしたタイミングも、実はその前後とか。

      う〜ん……
      ないか!!!