プリチャンの未来とパーソナライズド広告

パーソナライズド広告の停止

最近YouTubeのクリエーター、特に子供向けのコンテンツを作っているチャンネルで話題となっているのがYouTubeの規約変更の話題。

その中でも特に重要な変更となったのがこちら。

子供向けコンテンツのパーソナライズド広告の停止

パーソナライズド広告というのはオンライン上で収集されたユーザーのデータを使い、そのユーザーと関連性の高い広告が表示される機能のこと。

例えば、ダイエットのことをネットで調べている人物には、トレーニングジムやダイエット食品のCMが。メイクのことを調べている人だったら、化粧品のCMが流れる。そんな感じです。

この広告の良いところは、ユーザーの興味に合った広告が表示されるので、より商品の販売だったり、契約に繋がるという点。
そのためパーソナライズド広告というのは普通の広告と比べて、広告の単価が高いんだそう。

もちろんこれらはアカウント(主にGoogle)を作成していなかったり、パーソナライズド広告の設定を無効にしている場合は表示されません(たぶん)

さて、そんなパーソナライズド広告が今回停止されることになったわけですが、全てのYouTubeの動画でパーソナライズド広告が停止されてしまったというわけではありません。

冒頭でも言っている通り、子供向けのコンテンツに対してパーソナライズド広告が停止になったということです。

はい、というわけで前置き終了。長すぎる。

プリチャンの今後

これがプリチャンとどう関わってくるのかを流れで説明。

子供向けコンテンツにパーソナライズド広告がつかなくなる。

広告収益が減り、うま味の無くなった子供向けコンテンツを作るクリエイターが減る。

子供が出てくると子供向けコンテンツになりやすい?ので、13歳以下の子供がYouTubeに登場しなくなる。

同年代の子供が出てこないので、同年代のYouTuberに憧れを抱く子供がいなくなる。

そして導き出される結論がコチラ!

YouTuberに憧れを抱かなくなるので、プリチャンにも興味がなくなる!!??

うん、我ながら暴論だわ。というかパーソナライズド広告の説明の方が長いという。

まとめ

まぁ、『プリチャンアイドル=YouTuber』でもないしね。

そういえば、プリチャンの1期でYouTuberの女の子が出演してましたけど、これからどうなるんだろ?広告収入が減っちゃっても続けるのかな。(余計なお世話)

プリチャンに3期があるかわからないですけど、時代の流れが早いから来年になったら動画で配信することに対して子どもたちが興味もたなくなってる可能性はほんとにありそう。

アイドルコンテンツも勢い落ち着いてきたし、次はどんなコンテンツが流行るんだろ?それを想像するのも楽しいっちゃ楽しいけどね。

COMMENT