アイカツフレンズ【59話感想】「合言葉はキスイダツカイア!」

アイカツフレンズ【58話感想】「王女アリシア」
スポンサーリンク

ストーリー感想

ミライとカレンが駆けつけて

ソルベット王国滞在レポートの撮影を終えたあいねたちの元に、ひびきのことが心配でミライとカレンが駆けつけてくれました。

ミライは親善大使として世界を飛び回って、カレンはアイドルプロデュースで忙しくなるから2人で会える時間が少なくなる、って言ってたけど結構頻繁にあってるよね(笑)まぁ、2人の時間が増えるのはいいことですけど。

突如ミライとひびきでカーリングしだした所から既に、今回のぶっ飛んだシナリオの片鱗が現れてる。

アイカツなんて

昨日のステージを見た子供たちが自分たちもアイカツがしたいと言ってきます。
しかし、アリシアのアイカツをしたくないという言葉を聞いて、さっきまでアイカツをしたいと言ってきた子供たちがアイカツを拒絶してしまいます。

アリシア大好きな国民はアリシアの嫌がることはやりたくないようです。

アリシアが子供達のために読んでた絵本のセリフの「魔女が言った。私が欲しいのはお前の笑顔
ってセリフと、アリシアが言った

アリシア
アリシア

「私が望むのはただ一つ、この国の人々の笑顔です」

というセリフがリンクしてる。

ソルベット国民が望んでいるのはアリシアの笑顔だけど、アリシアは国民の笑顔を望んでる。
どちらもお互いのことを思っているはずなのに、すれ違ってしまうという切ない状況。

キスイダツカイア

アイカツという言葉がタブーならと、ミライが閃いたアイカツに代わる言葉。その名もキスイダツカイア

アイカツ、アイカツ、の掛け声のようにキスイダツカイアを叫ぶカオスな状況に。

キスイダツカイアはみんな笑顔になるし、曲がっていた腰も治るというとってもステキな言葉です。さぁみんなも叫ぼう!キスイダツカイア!キスイダツカイア!キスイダツカイア!

(他国の人間が自分たちの思想を植え付けるために変な運動をしてる様にしか見えない…)

ミライの新曲

ポップで可愛い衣装。
背景も遊園地でメルヘンちっくな世界観だった。

既にミライもジュエリングドレスを持ってたようです。

ようやくわかった

ジュエリングドレスのことを聞き出すために、ひびきの部屋を尋ねるアリシア。
ジュエルの原石をどこで手に入れたのか聞くと、スペカツの際に宇宙から飛んできたことを説明するひびき。

ひびき
ひびき

「というわけさ」

アリシア
アリシア

「ありがとう、それじゃあ」

宇宙でジュエルの原石を見つけたことに対して、特に疑問を感じてなさそうなアリシアに笑った。

部屋を立ち去ろうとするアリシアを引き寄せて

ひびき
ひびき

「誓うよ、君のために世界だって変えてみせる!

って言うシーンがかっこよかった。
今まで空回りしてた印象のひびきでしたけど、やっと格好がついた感じかな。

ベタな演出ですけど、影の側にいるアリシアをひびきのいる光の方に引き寄せるシーンが良かった。

今日の名言

みお
みお

「すごい!カレンさんから愛が溢れてて」

あいね
あいね

「おこたみたいにあったかーい」

シナリオがいい意味でぶっ飛んでる。

アリシア
アリシア

「今のはキスイダツカイアじゃない、アイカツよ!」

真面目な顔して変なこと言ってる。

ミライ
ミライ

「キスイダツカイア、逆さに読んだらアイカツダイスキ!

ネタバレしないのかと思ってたら、最後のミニコーナーでネタバレしてた。
あいねは多分、気づかないままなんでしょうね(笑)

次回予告

アイカツ禁止令。

ソルベット王国編はまだしばらく続きそう。

今日のイラスト

キスイダネイア。

COMMENT