アイカツフレンズ【56話感想】「君だってMyStar」

ストーリー感想

《アバン》

ひびき
ひびき

「一つだけ約束して。君のフレンズにふさわしいのはこの私、たった1人だけ。そのことを忘れないで」

アリシア
アリシア

「ええ、忘れない絶対に」

《OP》 忘れないよ〜♩何回だって叫ぶよ〜♩

この流れにちょっと笑ってしまった。


あいねとみおが怖いもの(ラブミーティア )と対決する姿を見せることで、ひびきにアリシアと向き合う勇気をあげられるんじゃないかという提案により、ラブミーティア と映画のゲスト出演の席を争うという展開に。

あいねの演じるお姫様は活発な感じの女性で、スターウォーズのレイラ姫っぽかった。

あいねとみお、カレンとミライの合同結婚式(映画の撮影シーン)が見れたのが最高だった。


ひびき1人では不安ということで、一緒にソルベット王国に行くことになったピュアパレット。
2ndシーズンに入ってどういう展開になるんだろうと思ってたら、まさかのソルベット王国編が始まるのか。

今日の名言

ミライ
ミライ

「私はこの先どんなことがあろうと、決して姫の側から離れないことをここに誓います」

あいね
あいね

「王子、この先どんなことがあっても、私たちはずっと一緒ですよね!」

ひびき
ひびき

「たとえこの宇宙に終わりが来たとしても、ぼくたちはずっと一緒だ。姫」

フレンズたちのノロケが止まらない。

次回予告

ソルベット王国へ行くために色々と準備をするお話。
ソルベット王国に着くのは次々週かな。

今日のイラスト

COMMENT