アイカツフレンズ【40話感想】「Believe it」

https://shinario.com/aikatsu-friends-39/

スタッフ

脚本:大知慶一郎
絵コンテ:久行宏和
演出:山本恵
作画監督:秋津達哉 岩崎成希

アバン

早朝から弓道をするカレンさん。

「共に高みを目指せるフレンドが…ついに」

ピュアパレットのことを思い浮かべながら心の中で呟きますが、そのときある映像がフラッシュバックします。

そこにはマイクを置いて立ち去る2人のアイドルが。

動揺したカレンは、的を外してしまいます。

誰なんでしょうね?あの2人。

ラブミーティアよりも前にカリスマ的なアイドルがいたということなんでしょうか?

Aパート

さくやの占いの結果が出て…

「ハローですわココちゃん」

「ココだよ」

ちょっと照れながらココに尋ねるかぐやかわええ。

ダイヤモンドフレンズで盛り上がってる話題を尋ねると、ピュアパレットとハニーキャットの対決が盛り上がってるとのこと。
次に盛り上がってる話題を尋ねると、決勝でピュアパレットがラブミーティアに勝てるかどうかで盛り上がってるそう。
リフレクトムーンが負ける前提(笑)

「リフレクトムーンは無視ですの!」

ココちゃんに八つ当たりするかぐや。
ホントかぐやは表情豊かでいいですね。

「そんな…」

勝敗の占いをしていたさくやの口から、リフレクトムーンが勝利するという結果が出た、という発言が。

何度占っても、リフレクトムーンが勝利するという結果に。
さくやの占いは百発百中ですからね。
決勝戦はピュアパレットVSリフレクトムーンですか、楽しみ。

「ヴィクトリー!」

キリッ!とピースサインするさくやかわいい。

「私たちがダイヤモンドフレンズになったら…」

優勝すれば世間の注目を浴びたり、セレブのパーティーに呼ばれたり、リフレクトムーン物語が出版されたりしてしまう、と色々と妄想するかぐや。
ピュアパレットに勝つ前提(笑)かぐやもおんなじじゃん。
というか当たるのはわかるんですが、さすがに占い信じすぎ(笑)

ダイヤモンドフレンズになることを想像して、自分には荷が重すぎると悩むかぐや。
さくやからはバレーで優勝したし、体力もついてきたし、ソロデビューも成功したし、と励まされます。
こんなに必死のさくや、初めてみたかも。

今回ばかりはさくやの占いは外れだと、弱気になるかぐや。
そんなかぐやの様子を見かねて、声を荒げます。

「もういい!さっきからでもでもばっかりで、そんなのかぐやちゃんじゃない!」

でもやちゃんだよ!」

でもやちゃん(笑)
さくやの渾身のギャグが炸裂します。
そして家を飛び出すさくやと、それを追いかけるかぐや。

追いかけっこ

あいねの携帯にさくやとかぐやが追いかけっこしてる写真が送られてきます。

みおのビビッとくるヒラメキで、さくやとかぐやの位置情報を探り出し、2人のゴール地点を割り出すことに成功します。

もうこんなことはやめて、と言うかぐやの声もさくやには届きません。

「だったら私を捕まえてみれば、かぐやちゃんには無理だと思うけど」

煽る〜(笑)
今日のさくやはいいですねー、いつもと違ったさくやちゃんが見れて嬉しい。

子供の頃から、先を行くさくやのことを追ってばかりだったと思い返します。

沿道にいる人たちの応援を受け、元気を取り戻すかぐや。

見事さくやを捕まえたかぐやが行き着いた先は、ダイヤモンドフレンズカップの会場でしたとさ。
してやったりのさくや。

既に同じ場所に立っていた、さくやとかぐや

楽屋で出番を待つさくやとかぐや。
どうしてあんなことをしたのかと、尋ねるかぐや。

「わかってほしかったの、かぐやちゃんはもうとっくに私に追いついてるんだっって」

いやぁ〜さくやちゃん小悪魔だったか〜。
後ろでソファーに座って2人を見守るピュアパレットとハニーキャットの4人がかわいい。
みおと舞花がソファーの肘掛けの部分に座ってるとことか描写が細かい!

あれだけの距離を走りながらケロッとしてるさくやとかぐやを見て、ずいぶん体力がついたと感心するマネージャーさん。(名前なんだっけ…)

ライブに臨むさくやとかぐや。
え!ちょっと待って!先行は負けフラグなんじゃ…。
ついにさくやの占いハズレちゃう?

【さくやとかぐやのライブ】

あっ!?ほっぺたくっつかなかった!ミラクルアピール出てない!

そういえばミラクルアピールの上があるとしたら、どんなアピールになるんでしょうね?
もっと密着するアピールとか見れちゃったりする!?
ワクワクが止まらない。

リフレクトムーンのライブに圧倒された様子の千春さん。

「圧倒的に不利って言われてましたけど、これはもしかしたら!」

地味に失礼な千春さん。

去年のラブミーティアを僅かに上回ってるかもしれない、と分析するたまきさん。

「いいじゃんいいじゃん!テンション超上がってきたよ!」

楽屋に、リフレクトムーンのライブを見ていたミライとカレンの姿が。
ミライさんはいつも通りの様子ですが、カレンさんはどこかいつもと違う感じです。

スポンサーリンク

Bパート

カレンとミライ

ライブへと向かうカレン。
顔が怖い。

「むぎゅ〜!!」

「アレ?わたしは…」

ほっぺを引っ張って、カレンの目を覚まさせます。
昔のカレンみたいになってたとのこと。

リフレクとムーンのライブに触発されて、ずっと抑えていた勝ちたいという気持ちが溢れでてしまったそうです。
ここの照れてるカレンさんかわえええええ!!!!!!カレンさん史上最高のかわいさだーーー!!!

カレンからあふれ出なきゃいけないのは、だと諭されます。

「同じ呼吸、同じリズムで」

同じ、こーきゅー♪、同じ、リーズーム♪
最初のEDの歌詞だ!

「羽ばたいて!カレン!」

「輝いて!ミライ!」

あぁああああ2人の関係性がいいいいーーー、良すぎるーーーー。
というかフレンズたちの関係性、みんないいいいいーーーー!!!!

【ラブミーティアのライブ】

『Beleive it』キターーーーーーーーー!!!
今回のタイトル回収だーーーー!!!
リフレクトムーンの負けフラグが更に強まったーーーー!!!!

ミラクルアピールキターーーーーーーーー!!!


「見せつけられちゃったね…」

「悔しいけど、今のわたしたちじゃあの2人にはまだ届かない…」

ラブミーティアのライブに圧倒されてしまった2人。

結果発表

「準決勝、勝ったのはラブミーティアです!」

結構な点差でリフレクトムーンが負けてしまいました。
さくやの占いは、ハズレてしまったようです。

「次は負けません!」

いやぁ、ここのさくやちゃんの表情よすぎる。

悔しい感情を押し殺しつつ、でも前を向いて未来を見据えている様子がよく現れてていい!

「かぐやちゃん悔しいよ…」

かぐやに思いをぶつけるさくや。

ちょっとー!ここのかぐやもすごいかわいいんですけどーー!!!
すごい美少女なんですけどーーーー!!!

占いの結果を信じきれてなかったというさくや。
そのせいで負けてしまったのかな?

ダイヤモンドフレンズになる覚悟ができてたら、ラブミーティアには勝ててたようです。
決して占いがハズレたというわけじゃないですからね。

ラブミーティア自身も、去年の自分たちを超えていた、と分析するたまきさん。
ピュアパレットは厳しい戦いになる、とケンさんが心配します。


車で会場を後にするカレンとミライ。
このシチュエーションよく見ますね。

カレンが人生で初めて敗北を味わった相手がミライだったんだそう。

初めて負けた時に感じたのは悔しさでも辛さでもなく、もっとアイカツしたいという思いでした。

「カレンにもわたしの愛が伝わったってことだね」

『アイカツ』という言葉の中には、『愛』という言葉も含まれてたりするのかな?

ピュアパレットとの決勝でラブミーゾーンを出してもいいんじゃないかと、ミライから提案されます。

ラブミーゾーン(笑)
なんか、色々と言い訳つけて必殺技出し渋ってる少年漫画の展開みたい(笑)

アイカツゾーンって言葉は出てきたような気がしますが、ラブミーゾーンは初耳です。(たぶん…)
ピュアパレットだったらピュアゾーン、ハニーキャットだったらハニーゾーン、リフレクトムーンだったらリフレクトゾーン、って名前になるのかな?

【ED】

次回予告

『ラブミーゾーンを解き放て!』

おおおお!!!カレンさんの髪を下ろしてる姿が!しかもポテチくわえてアヒル口に!かわええええ!!!

パジャマパーティキターーーーーーーーー!!!ピュアパレットとラブミーティアのパジャマパーティーだーーー!!!!しかも何故かくすぐり合ってるーーーーー!!!うああああああああ!!!!

来週が楽しみすぎて今日の内容がすっ飛んだ。

COMMENT