アイカツフレンズ【25話感想】「ラブミーティアをこえろ!」

ピュアパレットとハニーキャットとリフレクトムーン

美少女勢揃いです。

「結成したばかりのわたしたちに、そんな資格があるのでしょうか…」

「誘っておいて、まさかの弱気!」

かぐやのツッコミいいですね。いいコンビ。

添い寝キターーーーーー!!!

番組中でもイチャイチャは欠かせません。

おねむ。

生まれた時からフレンズ。

あれ?今日の作画普段より幼い感じでいいですね。

みおちゃんナーバス。

「え!?ラブミーティアが乗ったプライベートジェットが!?」

堕ちたと思わせといて、遅れると予想。

OP変わらないですね。

ハリケーン発生

日本では今、台風が接近中ですね。

ラブミーティアの代役。

いわゆるスーパー文化人。

「やってみようよ!みおちゃん」

あいねノリノリ。

あいねちゃん、ラブミーティアの電話番号知ってるんですね。

あああああああ近いよーーーカレンとミライ近いよーー。背中合わせいいいいいーーー!!!。

「こっちとしては、いなくなってくれればすっごくありがたいけどね。最強のライバルが」

いやいやいや、やばいです。ただ電話してるだけなのに、なんだかいけないことしてるように見えます。

ミライ膝立ててる。なにかが見えそう。普段からこんなだと、カレンはミライのそれをよく見てるんでしょうね。

みおの扱いを任せたら、あいねの右に出るものはいませんね。

ちびキャラかわえええーーー。

自宅でくつろぐみお

お勉強

番組でるだけなのに、勉強しなきゃいけないの大変ですね。

ココちゃん今日もかわいい。

「痛っぁ、舌噛んじゃいました」

かわいい。

「ん〜!ふんわりお口の中でほどけた卵の甘さが、ケチャップライスの酸味と友達になって、心が弾む美味しさです!」

友達になるという表現があいねらしいですね。舌ぺろかわいい。

マカロンの人。いましたねそういや。

「安心?果たしてどうですかな、マドモアゼル」

なんのフラグでしょうね?

スポンサーリンク

Bパート

みおちゃん学校の制服のまま。番組衣装見たかったなぁ。

スーパー文化人って名前、ちょっと馬鹿にしてるような気がしないでもないです。

日本舞踊と書道。ん?

オドリナガラカクヨ(笑)文化人じゃなくてお笑い芸人でしょ。

あいねちゃんの食リポ。

華道と武道。

ハナイケテメンドウコテノシン。いや絶対文化人じゃないでしょ。この人たち絶対伝統芸能ばかにしてますよ。

華道と陶芸。

華道かぶった。

オチャタテツボヤクヨ。あれ?今日の脚本家さん大丈夫ですか?お酒飲みながら書いてたりしないですか?

いやいやみおちゃん、そのツボ絶対重いでしょ(笑)みおちゃん怪力。ツボが軽いのかも。

「花瓶だろうとツボだろうと、お茶を飲むときはそれが茶碗」

深い!みおが飲んでたツボのように深い!

特別ゲスト

ガンコヤマオニエモン。前の3人よりもインパクトがない名前です。

クチャラー。

歩きスマホ。

アイドル。

「子供の頃、落ち込んだときにいつも母が作ってくれた手料理が、元気を与えてくれたように」

無茶振りにもほどがあります。頑固とかそういうレベルを超えてます。

みおちゃんかわいそう。

「できるよ!だってみおちゃんは大好きなラブミーティアのこと、誰よりもいっぱいいっぱい見てきたんだもの」

ラブミーティア大好きっ子。

みおちゃんのエプロンかわええ。

「こ!これは!かつて幼い頃母が作ってくれたあの味!」

いや、絶対違うって(笑)勘違いですって。

「とは似ても似つかぬ違う味」

いや、メンドくさ。紛らわしいわ。

ビビビッ。

明鏡止水

「ステージだって心で味わう料理。わたしのライブという料理で必ず元気を届けてみせる!」

ぶっ飛んでますね今日の脚本。褒め言葉ですよ。

サイリウム振ってる(笑)

一人で心を動かせる。あいねちゃんいらない子?

ゾーン。

アイカツゾーン。やばい、少年漫画っぽい展開でアツイ!

「わたしはラブミーティアを超えられる!」

挫折回が絶対きますよね。そのときが怖い。

脚本家は野村祐一さん。普通に常連の脚本家さんでした。面白かったです。

次回予告

おっ、青森だかどっかの女の子だ。この子のフレンズってどんな子なんでしょう。

「なんだか調子がいいの、任せといて!」

お願いだからフラグを立てないで。

次回の感想はこちら

COMMENT